最新記事

ユーロ危機

独仏会談でも晴れない欧州の霧

Europe Starts the Week in Limbo

来月のG20に先立って債務危機対策の包括的プランを示すことは決まったが

2011年10月11日(火)19時04分
マイケル・ゴールドファーブ

 週末とは本来、多忙な日常を離れて一息つくための時間。目の前の問題を大局的にとらえ直す余裕があるおかげで、週明けに効果的な対応策を取れることも多い。

 だが欧州各国の首脳と評論家はこの週末、ヨーロッパ経済の行く末を今まで以上に深く憂いながら過ごしたようだ。

 最大の理由は、10月9日に行われたフランスのニコラ・サルコジ大統領とドイツのアンゲラ・メルケル首相の会談で具体的な成果がなかったことだ。サルコジは会談後の会見で、「われわれはユーロの安定をめぐってフランスとドイツが特別の責任を負っていることを十分自覚している」と記者団に請け負った。

 さらにサルコジは、ユーロ圏の債務危機解決に向けた包括的な対策を用意することも約束した。「持続可能で包括的な対策を取る必要がある。欧州は(11月3〜4日に)カンヌで開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)までに問題を解決しなくてはならず、目の前の危機への対策と長期的なビジョンを今月末までに提示する」

 ビジョンだって? このところ、そんなものはどの国の政府からも聞こえてこないが、欧州は間もなく世界に向けて長期ビジョンを示す必要がある。サミットに先立って、来週末にはパリでG20財務相・中央銀行総裁会議が始まる。債務危機に揺れるギリシャへの対応や欧州各国の銀行の資本増強問題、さらに経営破綻に陥った企業を買い叩こうと待ち構えている投機筋の対策など山積みの問題について、何らかの合意をまとめなければならない。

 フランスとベルギー、ルクセンブルグはこの週末に、経営破綻したフランス・ベルギー系の大手銀行デクシアの事実上の国有化に合意した。デクシアが大量の不良債権をかかえて破綻したことで先週、欧州の銀行株では投機的な動きが活発化した。

欧州大陸の火の粉がイギリスにも降りかかる

 一方、イギリスのデービッド・キャメロン首相は英フィナンシャル・タイムズの取材に応じ、海峡の向こうを騒がすユーロ危機に口を挟んだ。キャメロンは、欧州諸国の指導者に大胆な対策を取るよう要望。さらに、ギリシャ危機の迅速な解決を促したり、ギリシャ救済パッケージの規模を拡大するようメルケルに助言したりした。

 キャメロンは他にも様々な提言をしたが、そこに「他人」の不幸を喜ぶような余裕は微塵もない。イギリスはユーロに加盟していないとはいえ、経済面では欧州大陸と一心同体。ユーロが崩壊すれば、ユーロ圏の国々に勝るとも劣らないほど深刻な打撃を受けるからだ。

 キャメロンが偉ぶった態度を取らないもう1つの理由は、自らの足元が危ういこと。イギリスが緊縮財政に舵を切って以来、過去9カ月間のイギリスのGDP成長率はゼロ。今週水曜には失業率が発表されるが、明るいニュースが届くとは思えない。さらに、リアム・フォックス英防衛相が斡旋収賄スキャンダルの渦中にあり、辞任に追い込まれる可能性もある。

 なんと楽しい1週間の始まりだろう......。イギリスの人気ロックバンド、ドリームは90年代に「今より悪くなることはない」と歌っていたが、事態は確実に前より悪くなっている。

 (GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

ワールド

北朝鮮、対話には兵器実験の持続的中止が必要 米国務

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

  • 4

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 5

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    プーチンの本音は「五輪禁止」に感謝?

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月