最新記事

フランス

サッカーの英雄が仕掛ける銀行取り付け革命

Seeking a Red Card for Cantona

預金を引き出して銀行を潰せば真の無血革命になる──スーパースター、エリック・カントナの呼びかけに支持が急拡大

2010年12月7日(火)17時22分
トレイシー・マクニコル

 エリック・カントナは矛盾に満ちた男だ。

 サッカー選手として超一流のキャリアを築いた一方で、野次を飛ばした相手チームのサポーターに飛び蹴りを見舞って話題をさらったこともあった。

 引退後は俳優に転じたが、映画『エリックを探して』では自分自身の役で登場。さらに億万長者でありながら、フランスを代表する貧困撲滅活動の顔でもある。

 90年代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した伝説的な背番号7は、イギリスで最も愛されるフランス人でもある。数々の劇的なゴールを決めてファンを魅了したカントナを、イギリス人は今も「キング・エリック」と愛情を込めて呼ぶ。

 そのカントナが今、「革命を呼ぶ男」として再び注目を浴びている。

 フランスでは10月上旬、ニコラ・サルコジ大統領の年金制度改革法案に反対する人々が連日、大規模デモを繰り広げていた。カントナはフランスのメディアに対して、銀行預金を一斉に引き出して真の革命を起こそうと呼びかけた。「現代の革命の舞台は銀行だ。近くの銀行に言ってカネを引き出そう。2000万人が預金を引き出せば、銀行システムは崩壊する。武器を使わず、血も流れない。(アルベルト・)スパジャリ流だ(スパジャリは1976年にニースで大胆な銀行強盗事件を起こした世紀の大強盗)」

 この発言はたちまちネットを駆け巡り、フェースブックには12月7日に預金を引き出すと誓った人々のグループが多数生まれている。

震え上がる銀行経営者

 カントナの謎めいた言葉が注目を集めるのは、今に始まったことではない。中でも有名なのは、サッカー人生の絶頂期にあった95年の記者会見での台詞だろう。

 対クリスタル・パレス戦で退場処分を受けたカントナは、ピッチを去る際に野次を飛ばした観客に「カンフーキック」を見舞った。会見に臨んだカントナが、フランス語訛りの英語で重々しく繰り出したのは、次のような短い釈明の言葉だけだった。「カモメがトロール漁船を追いかけるのは、イワシのおこぼれにあずかれると思うからだ。以上」

 政界や金融業界のお偉方は、意図的に取り付け騒ぎを起こそうというカントナの呼びかけなど無視すればいいと思うかもしれない。だが、この話がネット上に広がり、草の根の支持者たちがカントナの映像を20言語に翻訳するにいたって、当局も「カントナ革命」を無視できなくなりつつある。

 カントナが仕掛ける「金融革命」について質問攻めにされたフランスのクリスティーヌ・ラガルド経済財務雇用相は、「誰にでも得意分野がある」と切り返した。「彼はサッカーで見事なプレイを見せた。私はそれに対抗しようと思わない。得意な分野以外には口出ししないほうがいい」

 フランソワ・バロワン予算相も、ワールドカップで優勝した98年の代表チームにカントナが招聘されなかった話を蒸し返して、「当然、それには理由がある」と苦言を呈した。

 銀行関係者にとっては笑い事ではない。大手銀行BNPパリバを率いるボードワン・プローは、カントナの提案を「非常に危険」で「経済機能の安定に完全に相反する」と批判。フランスの銀行は「経済危機の発生に関与していない」と弁明した。

 左派の指導者たちでさえ不快感を隠さない。トロツキスト政党の労働者の闘争党を率いるナタリー・アルトーは、「問題は我々が銀行を必要としていることだ。銀行は有益な存在だ」とコメント。極左の新星として注目の政治家オリビエ・ブサンスノも「(銀行の崩壊を)夢見ている人々の多くは銀行口座に預金がない」と批判した。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場が連日の最高値、S&P500は週間で3

ビジネス

中国などが通貨切り下げ、トランプ氏「為替操縦やめさ

ビジネス

ECBハト派決定でユーロ続落、ドル115円半ばに迫

ビジネス

アングル:格付け事業の外資開放、中国社債市場の魅力

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    【写真特集】ノーベル平和賞「52年間内戦」コロンビアの今

  • 2

    欧米食品メーカー、中国の輸入食品への安全規制強化に反対

  • 3

    韓国国会、朴大統領の弾劾を賛成78%で可決 大統領権限停止へ

  • 4

    黒人を助け、同性愛者の入会もOK? 差別結社KKKの本…

  • 5

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在…

  • 6

    つらいおなかの悩みを救う「低FODMAP」食事療法って?

  • 7

    トランプとキヤリア社の雇用維持取引は詐欺だ

  • 8

    闇サイトが「トランプ暗殺」の資金を募集

  • 9

    新宿―東京は何線で? 日本の交通案内は分かりやすい…

  • 10

    ファイザーが死刑執行用の薬物の販売を停止

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    今がベストなタイミング、AIは電気と同じような存在になる

  • 3

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 4

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海…

  • 5

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 6

    北朝鮮が中国への「大麻」輸出に乗り出す

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 9

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 10

    米ルビオ議員、南シナ海の領有権問題で対中制裁法案─…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専門家

  • 3

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 4

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 5

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 6

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

  • 7

    クリントン当選を予想していた世論調査は何を間違え…

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 10

    クリントン敗北認める 支持者にトランプ新大統領へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月