最新記事

東電バッシングが生む「二次災害」

3.11 日本の試練

日本を襲った未曾有の大災害を
本誌はどう報じたのか

2011.06.09

ニューストピックス

東電バッシングが生む「二次災害」

Electric Populism

JAL化の不安から株価は一時5分の1に。だが東電は事故がなければ超優良企業で、首都圏に電力を供給する日本の生命線だ

2011年6月9日(木)09時51分
千葉香代子(本誌記者)

ひたすら謝罪 東電を叩けば問題が解決するわけではない Issei Kato/Reuters

 日本航空(JAL)のように国有化されて、株は紙切れ同然になるという噂で先週、東京電力株は震災前の5分の1にまで暴落した。東電に債権を持ち、大型の緊急融資を行うと報道されたメガバンクの株も釣られて売られた。シティグループ証券がリポートで、「国有化という言葉に過剰反応している」とクギを刺すほど、不穏なムードだった。

 震災以降に飛び交ったデマや感情論は数え切れないが、東電JAL化論もその1つ。東電の場合、会社更生法の適用を受けて株価がゼロ円になり、債権者も負担を求められるJALと同じシナリオは考えにくい。
だが、これに真実味を与えたのは市場を安定化させるべき政府自身だ。原子力損害賠償法(原賠法)では、「異常に巨大な天災地変」による事故の場合は事業者(東電)は免責され、国が必要な措置を取ることになっている。

 ところが、世界史上最大級の地震と未曾有の大津波に襲われた福島第一原子力発電所の事故で、東電にこの免責が適用されるかと尋ねられた枝野幸男官房長官は3月末、「(事故の)経緯と社会的状況から、安易に免責等の措置が取られることはあり得ない」と否定した。

 その直後、原発敷地内の土壌からプルトニウムが検出され、放射能汚染による農家や漁業者、避難住民への補償がどこまで拡大するのか分からなくなったことから、一気に東電株が売り込まれた。 
4月に入り菅直人首相自らが東電への支援姿勢を明言し、市場の動揺はひとまず収まったが、弁護士出身の枝野が「社会的状況」次第で賠償責任の在り方が変わるというのでは、大衆迎合と言われても仕方がない。

 東電は日本の総電力需要の3割を担うインフラ企業だ。それが今や原発という主力の生産設備を失い、発電量は2割も落ち込んだまま。その一刻も早い再生は、日本経済の生命線と言っても過言ではない。

 政治家の軽はずみな発言やメディアの無責任な国有化説で株価を8割も下げている間に、外国企業に買収される不安を口にする専門家もいる。外資規制はあるが、日本法人を通せば買い占めも可能なのだ。
そんな事態になる前に、東電と原発の明確な将来像を示す必要がある。

ほかで代替できない存在

 事故後の東電の対応は批判されてしかるべきだが、現在の「東電憎し」「原発憎し」の感情論の中では、いくつかの重要な前提が忘れ去られている。1つは、今回の原発事故のそもそもの原因は未曾有の天災だったということ。

 もう1つは、東電は送配電網以外に多様な事業も持ち、今回の震災がなければ収入の安定した超優良企業だということ。経営失敗の末に国有化された日本長期信用銀行やJALとは違う。

 それを原発事故があったからといって国有化するのは、東北新幹線が事故を起こしたからといって山手線ごとJR東日本を国有化するようなものだと、ある政府関係者は皮肉る。

ニュース速報

ビジネス

国際通貨研究所理事長にJBIC前総裁の渡辺博史氏

ビジネス

アングル:経済要職に対金融業界タカ派を、クリントン

ワールド

アングル:北朝鮮の新たな資本主義者育てる「秘密地下

ビジネス

米国株は反発、ドイツ銀持ち直し金融株に買い

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    リオ五輪閉会式「引き継ぎ式」への疑問

  • 2

    トランプ、キューバ禁輸違反が発覚=カジノ建設を検討

  • 3

    『ハドソン川の奇跡』 英雄は過ちを犯したのか

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    警備ロボは人を守ってくれる? 突き飛ばし事故から懸念される安全性

  • 6

    アメリカ大統領選、クリントンがトランプを5%リード=ロイター最新世論調査

  • 7

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 8

    オーストラリア南部の州全土が停電、再生エネルギーに過度の依存へ疑問符

  • 9

    NY郊外でラッシュ時に列車衝突、少なくとも1人死亡100人超負傷

  • 10

    ロシア「アメリカは事実上のテロ支援国家」

  • 1

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 2

    リオ五輪閉会式「引き継ぎ式」への疑問

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 5

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 6

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 7

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 8

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 9

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 10

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 5

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

盛り土は気になるけど、北方領土もね!

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

STORIES ARCHIVE

  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月