コラム

「印鑑をなくした」!? 中国「都市水没」は天災でなく人災...地元政府の救援拒否、理由に驚愕

2023年08月21日(月)12時40分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
習近平のイラスト

©2023 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<人民の生命を軽視しする中国の官僚システム。「天災でなく人災」は決して今回だけではない>

涿州(チュオチョウ)──河北省に属する、このあまり名を知られていない地方都市は、7月末から8月上旬に起きた中国華北地方の豪雨によって一晩で「放流都市」として注目を集めた。

6年前の2017年4月1日、同じく河北省にある雄県、安新県、容城県は、習近平(シー・チンピン)政権の国家級プロジェクトとして設置される「雄安新区」となることが決まった。これは北京と雄安新区の間に位置する涿州にとって発展する絶好のチャンスであり、涿州市政府は近年、毎年巨額の資金を投入してインフラ整備に力を入れてきた。

しかし、涿州人の夢は今回の豪雨放流で完全に消えた。北京と雄安新区を守るため、当局は涿州を含む標高の低い「保水地区」へ水を放流した。この放流によって、北京は水害から守られ、雄安新区も軽い浸水だけで済んだ。一方、涿州はたった一晩で洋々たる大海となり、たくさんの人々が家屋を失い、避難を余儀なくされた。自分たちは首都を守るための捨て石だったと、帰宅難民になった涿州の人々は知った。

「全体の利益を守るため、個人の利益を犠牲にすべき」

「大局を念頭に置く。全体の利益を尊重する」

社会主義中国に生まれた人々が、愛国教育の一環として子供の頃から受けてきた「全体観」と「大局観」である。しかし、専制国家にとって、その「全体」および「大局」は人民ではなく、いつも政府を代表する権力者だった。河北省トップは堂々と「北京の洪水リスクを低減させ、首都を守る堀として断固行動しよう」と呼びかけた。首都を守ることは権力者を守ること、権力者をきちんと守ることができれば、官僚たちもポストを守れ、出世できる。

こういう「権力者に奉仕する」システムに身を置いた官僚たちは、常にミスを恐れ、自分の頭で物事を判断せず、ただ権力者の命令どおりに行動する。今回、涿州に水が放流された初日、他地方から救援隊がすぐやって来たが、地元政府は洪水で印鑑がなくなり、救援の招聘状に捺印できないという理由で救援を拒否した。これも被害が深刻化したもう1つの原因だった。

中国の官僚システムは人民の生命を軽視し、権力者にだけ奉仕する。「天災でなく人災」は、今回だけではない。

ポイント

涿州
河北省中部の保定市に位置する県級市。北京に隣接する。三国志の劉備、関羽、張飛が「桃園の義」を結び、義兄弟となったといわれる場所を記念した「三義宮」がある。

雄安新区
主要経済圏の1つである北京市・天津市・河北省の発展と、教育など北京の非首都機能を他地域に分散させることを目的に開発された。2050年の目標人口は2000万人。

20231212issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年12月12日号(12月5日発売)は「イスラエルの過信」特集。ハイテク兵器が「ローテク」ハマスに敗北。汚名を返上するため強引な手段に走るイスラエルの代償と西側への教訓

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

来年開催のCOP29ホスト国、アゼルバイジャンで事

ビジネス

テスラは労働者の権利尊重を、ノルウェー年金基金が批

ビジネス

米シグナがヒューマナ買収を断念、価格で折り合えず=

ワールド

米、新たに中国3社からの輸入禁止 ウイグル族人権侵
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イスラエルの過信
特集:イスラエルの過信
2023年12月12日号(12/ 5発売)

ハイテク兵器が「ローテク」ハマスには無力だった ── その事実がアメリカと西側に突き付ける教訓

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「未来の王妃」キャサリン妃が着用を許された、6本のネックレスとは?

  • 2

    ショッピングモールのデザインが「かつての監獄」と同じ理由

  • 3

    「ホロコースト」の過去を持つドイツで、いま再び「反ユダヤ」感情が上昇か...事件発生数が急増

  • 4

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 5

    中身が「透けすぎ」...米セレブ、派手なドレス姿で雑…

  • 6

    大統領夫人すら霞ませてしまう、オランダ・マキシマ…

  • 7

    「みっともない!」 中東を訪問したプーチンとドイツ…

  • 8

    英ニュースキャスター、「絶対に映ってはいけない」…

  • 9

    キャサリン妃の「ジュエリー使い」を専門家が批判...…

  • 10

    完全コピーされた、キャサリン妃の「かなり挑発的な…

  • 1

    「未来の王妃」キャサリン妃が着用を許された、6本のネックレスとは?

  • 2

    シェア伸ばすJT、新デバイス「Ploom X ADVANCED」発売で加熱式たばこ三国志にさらなる変化が!?

  • 3

    下半身ほとんど「丸出し」でダンス...米歌手の「不謹慎すぎる」ビデオ撮影に教会を提供した司祭がクビに

  • 4

    反プーチンのロシア人義勇軍が、アウディーイウカで…

  • 5

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 6

    周庭(アグネス・チョウ)の無事を喜ぶ資格など私た…

  • 7

    「傑作」「曲もいい」素っ裸でごみ収集する『ラ・ラ…

  • 8

    英ニュースキャスター、「絶対に映ってはいけない」…

  • 9

    「みっともない!」 中東を訪問したプーチンとドイツ…

  • 10

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 1

    <動画>裸の男が何人も...戦闘拒否して脱がされ、「穴」に放り込まれたロシア兵たち

  • 2

    <動画>ウクライナ軍がHIMARSでロシアの多連装ロケットシステムを爆砕する瞬間

  • 3

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破壊する瞬間

  • 4

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 5

    ここまで効果的...ロシアが誇る黒海艦隊の揚陸艦を撃…

  • 6

    最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者…

  • 7

    またやられてる!ロシアの見かけ倒し主力戦車T-90Mの…

  • 8

    レカネマブのお世話になる前に──アルツハイマー病を…

  • 9

    完全コピーされた、キャサリン妃の「かなり挑発的な…

  • 10

    「超兵器」ウクライナ自爆ドローンを相手に、「シャ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story