コラム

「おすわり!」名門大学の学生も深夜のキャンパスで「ハイハイ」する理由

2022年11月21日(月)11時50分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
爬行

©2022 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<ほぼ全寮制の中国では、コロナで学生たちが大学に閉じ込められている。ペットでも飼えばストレス発散になるが、飼えないなら自分たちがペットになってしまえ!......奇妙な行動の流行>

「発瘋(ファーフォン)」は中国語で発狂すること。

新型コロナの流行が始まってもうすぐ3年になる今、中国の大学生らの間ではやっているのが「発瘋(発狂)文学」と「発瘋(発狂)行為」。支離滅裂な言葉で相手を混乱させつつ自分の不満を伝える「発狂文学」、そこから派生したのが「発狂行為」だ。

中国の大学はほぼ全寮制で、学生は基本学内に住む。彼らはゼロコロナ政策のおかげで外出できず、学内に強制的に閉じ込められる。1日24時間のうちネット授業の時間を含む23時間を学生寮で過ごす。そのストレスは大変なものだ。

「発狂文学」や「発狂行動」はそのストレスを発散する手段である。陝西省西安のある大学では、「段ボール犬」の飼育が流行している。ペットが飼えればストレスも減るが、学生寮では当然禁止。

そこで本物の犬ではなく、手作りした段ボール犬を飼う。わずかに認められた1時間だけ、段ボール犬を連れて学内を散歩する──その時間がメンタルケアなのだ。

「ポテトちゃんはとてもお利口。ほえないし、食事も要らない。ウンチもしない、お風呂も要らない。ホントにいい子!」と、ある大学生はネットに投稿した。全ての段ボール犬に名前が付けられ、学生寮の各部屋の前で「お座り」している。

深夜に大学生の集団が四つんばいになって歩く「爬行(パーシン)」も人気だ。北京の清華大学のような名門大学でも「爬行クラブ」が設立された。

「ずっと学内に閉じ込められ、いつ外出できるか全く分からない。毎日2万回以上頭がおかしくなる!」と、ある大学生は投稿した。ずっと移動制限されている大学生にとって、「爬行」は唯一の気晴らしなのだ。

勉強だけでなく、自由な友人関係や恋愛を楽しむのが大学生活の理想だろう。それが段ボール犬との散歩やハイハイで歩く毎日......。

「コロナゼロ年」の2019年に入学した学生は、このままだと卒業までの4年間をゼロコロナ政策の下で過ごす「新型コロナ大学生」の1代目になる。

ゼロコロナ継続を宣言した習近平(シー・チンピン)政権は、これから何代の新型コロナ大学生をつくるのだろう? そのうち中国社会全体に段ボール犬やハイハイ歩きが広がるかもしれない。

ポイント

品种:大学生/禁止投喂
品種:大学生/えさの投げやり禁止

爬行
北京伝媒大学の学生がネット掲示板に「運動場で一緒にはいつくばりたい学生はいないか」とメッセージを残したところ、多くの学生が応じた。動画がSNSで公開されると、清華大学以外の全土の大学・高校に波及。警備員が校庭を封鎖したり、呼び掛けた学生が警察に呼び出されるといった規制も始まっている。

プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

メルセデス、中国パートナーとの提携に投資継続 「戦

ビジネス

日経平均は大幅反落800円超安、前日の上昇をほぼ帳

ビジネス

焦点:国内生保、24年度の円債は「純投資」目線に 

ビジネス

ソフトバンク、9月30日時点の株主に1対10の株式
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 9

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 10

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story