コラム

トランプ派がテイラー・スウィフトを恐れる本当の理由は、2人の意外な共通点にあり?

2024年02月16日(金)17時00分
テイラー・スウィフト

スウィフトがバイデン側の工作員という陰謀論が広められている MARIO ANZUONI―REUTERS

<セレブの支持がそんなに怖いのか? トランプ派が「スウィフト陰謀論」まで流すほど脅威を感じる納得の理由とは>

アメリカの有権者がこの10日間で最もよく見聞きした大統領選がらみの話題は、「テイラー・スウィフト」だった。

グラミー賞で史上最多4回目の最優秀アルバム賞を獲得、受賞スピーチの壇上で新アルバムのリリースをサプライズ発表したシーン。そしてトランプ前大統領支持派の間でささやかれるCIAの秘密工作に関する陰謀論──この億万長者の人気歌手はアメリカンフットボールのスーパースターであるボーイフレンドと共に、全米王者を決めるスーパーボウルで勝利した直後にバイデン現大統領への支持を訴える手はずになっているとさえ噂された。

とにかく最近のメディアにスウィフトの顔と名前が出ない日はない。だが真の問題は、彼女のようなセレブの「支持」が実際に大統領選の行方を決めるかどうかだ。

 
 

セレブの支持が市場に与える影響に関する有名な研究によれば、消費者向け製品の売り上げを4%増加させる可能性があるという。アメリカでは最近のほとんどの選挙が、勝敗のカギを握る激戦州での得票率4ポイント以下の差で決着している。つまり数学的には、セレブの支持が選挙を決定的に左右する可能性があるということになる。

これには懐疑的な意見もある。アメリカでは共和党と民主党の支持者がほとんど同数であり、セレブの支持が両陣営に与える影響もほぼ同程度と考えられるので、どちらかに流れが傾くことはないというのだ。

ただし、スウィフトは今のアメリカで最大のスーパースターだが、ファン層は民主党支持者に偏っている。民主党支持の「スウィフティーズ」は、共和党支持や無党派の2倍以上。逆に共和党支持者の間でスウィフトのファンは28%にすぎない。

セレブの支持が大きな意味を持つのは、まさにそのためだ。二極化が激しいこの国で有権者の投票先を変えさせるのは困難だが、既に支持している候補者への投票を増やすことはできる。

例えば現職のブッシュ大統領にジョン・ケリー上院議員が挑んだ2004年の大統領選。ブッシュの選挙参謀は、有権者の説得より動員強化が選挙戦のカギを握ると考えた。

当時のブッシュ陣営の秘密兵器の1つは、激戦州で反同性婚の住民投票を確実に実施することだった(当時、同性婚の是非をめぐる世論はほぼ真っ二つに割れていた)。同性婚には反対だが、熱心なブッシュ支持者ではなかった有権者は、住民投票で意思表示をするために投票所に向かい、ついでにブッシュにも票を入れるというわけだ。

スウィフトとトランプの共通点

トランプ派がスウィフトを恐れるのは、同じことが起きるのを恐れているからだ。民主党の支持者はバイデンに全く熱狂していない。世論調査によれば、共和党支持層のトランプに対する熱狂度の半分程度だ。

しかし、スウィフトはファンの間で宗教的なまでの熱狂を生み出している。もしバイデン支持を明確に打ち出せば、若い層(最も投票率が低く、バイデンへの熱狂度が特に低い有権者)の投票率を押し上げ、バイデン最大の弱点(有権者のエネルギー不足)を解消してしまうかもしれない。

トランプ派の陰謀論者が、スウィフトは大統領選でバイデン優位の流れをつくろうとするCIAの道具だという噂を流すのは、それによって自分たちのエネルギーを増強しようとしているからだ。

スウィフト並みの熱狂を生み出せるセレブが味方にいないので、アンチ・スウィフトのエネルギーをあおり立て、投票率の押し上げ効果を打ち消そうとする。要するに、スウィフトはアメリカ社会の深刻な分断の反映なのだ。

彼女は多くのファンとアンチの両方を投票所に向かわせるだろう。まるでトランプのように。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    米スポーツライターが断言「大谷翔平は被害者。疑問…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    『オッペンハイマー』日本配給を見送った老舗大手の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story