コラム

今年の米中間選挙はここが違う! 民主党が「多様化」したから共和党が「強い」

2022年11月08日(火)17時45分
ジョー・バイデン

民主党は人工妊娠中絶の権利を訴え支持固めを図った ANNA MONEYMAKER/GETTY IMAGES

<中間選挙は大統領の2年間の業績を評価する「国民投票」。与党が議席を減らすのが常だが、それだけでなく、共和党に構造的な利点がある。さらに今回、アメリカの衰退をも示唆する選挙となった>

アメリカの中間選挙には、建国の父たちの知恵と信念が詰まっている。それは、誰にもチェックできない権力の集積は民主的な共和国にとって最大の脅威であるという固い信念だ。

憲法の起草者たちは人の心の機微に通じていた。有能で志の高い政治家ほど、権力の集積とその行使に走りやすいことを承知していた。

そんな民主主義の腐食を防ぐには、常に権力を分散させておく制度的装置が必要なことも理解していた。異なる権力が絶えず互いに牽制し合うような構造を用意しなければ、ずる賢い政治家とその一派が必ずや民主主義のシステムを悪用し、乗っ取り、人民を抑え込むことになる。

そもそもアメリカは(イギリス的な)君主制への拒絶から生まれた国だから、その政体を定める憲法の枠組みは、君主制に通じる権力の集中を徹底して排除することを目指していた。

この憲法の枠組みで最も注目すべき点は2つある。

1つは、国の諸機関における権力の分散。いわゆる三権分立だ。

具体的には、行政府は立法府が採択した法案を承認も拒否もでき、立法府は行政府の作為を圧倒的多数の議決で覆すことができ、司法府は行政府や立法府の決定を覆すことができる。ただし行政府には司法府を構成する連邦裁判官を指名する権利があり、立法府にはその人事を承認・否認する権限がある。

もう1つは、連邦・州・自治体レベルの政府が競い合う構造だ。どこかの権力が強くなりすぎれば、必ずどこかが権力を奪い返そうとする。

しかしもう1つ、目立たないが権力の独占からこの国の民主主義を守る大事な仕組みがある。大統領と上院議員、下院議員の任期の違いだ。

大統領の任期は4年、上院議員は6年(ただし定数の3分の1ずつが2年ごとに改選される)、そして下院議員は2年と決められた。

4年ごとの大統領選の「中間」の年に行われる中間選挙は、この絶妙な配分の産物だ。大統領の任期の折り返し点で、それまでの2年間の仕事ぶりに対する評価が、民主的な投票を通じて示されることになる。

ずる賢い偽善者が権力を集中させて独裁者となる事態を防ぐために、建国の父たちは知恵を絞り、微妙に公職者の任期をずらした。そのおかげで、この国で最高の権力を持つ人物(大統領)も任期半ばで、民意の審判を受けることになった。

中間選挙とは、大統領の最初の2年間をどう評価するかの国民投票なのだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米韓、北朝鮮巡る「拡大抑止」強化でコミット=韓国外

ビジネス

米金利先物、金利5%超え予想 雇用統計後 利下げ予

ビジネス

G7と豪、ロシア産石油製品で価格上限 ディーゼルに

ビジネス

NY外為市場=ドル急伸、好調な米雇用統計受け

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 5

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 6

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 9

    プーチン邸に防空システム配備、と報道。西側の長距…

  • 10

    建設現場に若手が足りない......未来の日本では道路…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中