コラム

ペロシ下院議長宅襲撃事件から見える、アメリカの闇と分断

2022年11月02日(水)14時50分

ペロシ下院議長は事件当時、ワシントンにいたため無事だった KGO TV via ABC/REUTERS 

<トランプ「信者」の異常な犯罪を目にしても、保守派の勢いは止まらない>

10月28日(金)の未明、カリフォルニア州のサンフランシスコ市内にある、米連邦議会下院のナンシー・ペロシ議長(民主)の自宅が襲撃されました。襲撃犯は、デビット・デパーペという42歳の男で、住居に侵入すると「ナンシーはどこだ、ナンシーはどこだ」と叫んで、下院議長を探し回ったそうです。

この時、実は下院議長本人は、議会のある首都ワシントンにおり不在でした。そこで、夫のポール・ペロシ氏が応対しましたが、危険を察知したポール氏は洗面所に行くと言って、その中から911(日本の110番)コールをしたのでした。

デパーペは、このポール氏の行動を怪しんで逆上、駆けつけた警察官の目前でポール氏をハンマーで殴って負傷させた後に逮捕されています。取り調べに対して、デパーペは、

「自分は下院議長にインタビューして、彼女が『真実』を告げるのか、あるいは民主党が繰り返し述べている『嘘』をつき続けるのかを試すつもりだった。おそらく議長は『嘘』をつき続けるだろう。その場合は、彼女の膝を砕くつもりだった。そうすれば、彼女は車椅子で登院せざるを得なくなる。当然の報いというわけだ」

などという異常なコメントを述べています。なお、ポール氏は頭蓋骨骨折など、重傷を負い集中治療室での治療の結果、現在の容態は安定していると報じられています。

トランプ派には不利に働くはずだが

このデパーペという男はカナダの出身で、報道によればハワイを拠点とした「ヌーディスト団体」の女性リーダーに心酔して、その団体の活動家をしていたそうです。彼女と決別した後は、SNSを中心として陰謀論や極右思想の拡散をしていたそうで、2020年には大統領選結果への批判を、その後は新型コロナウイルスのワクチンに関する陰謀論などを熱心に投稿していたようです。

その主張の中には、ヒトラー礼賛、LGBTQへの攻撃、あるいはカトリックやユダヤ教徒への攻撃など、かなり過激なものも含まれていたようですが、それも含めて「典型的なトランプ派の陰謀論者」という理解で報道がされています。

この事件、投票日直前ということで、中間選挙への影響が気になります。常識で考えれば、このような悪質な暴力事件を目の当たりにすれば、多くの有権者は、トランプ派に対する悪いイメージを抱くはずです。少なくとも、全体としては、僅かでもトランプ派を忌避する感情が起きそうなものです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮の金総書記、新誘導技術搭載の弾道ミサイル実験

ビジネス

アングル:中国の住宅買い換えキャンペーン、中古物件

ワールド

アフガン中部で銃撃、外国人ら4人死亡 3人はスペイ

ビジネス

ユーロ圏インフレ率、25年に2%目標まで低下へ=E
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 3

    存在するはずのない系外惑星「ハルラ」をめぐる謎、さらに深まる

  • 4

    「円安を憂う声」は早晩消えていく

  • 5

    中国のホテルで「麻酔」を打たれ、体を「ギプスで固…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    無名コメディアンによる狂気ドラマ『私のトナカイち…

  • 8

    他人から非難された...そんな時「釈迦牟尼の出した答…

  • 9

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 10

    チャールズ英国王、自身の「不気味」な肖像画を見た…

  • 1

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 2

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 9

    常圧で、種結晶を使わず、短時間で作りだせる...韓国…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story