コラム

データ偽装問題と無資格検査、全く違う国際的影響

2017年11月30日(木)16時15分
データ偽装問題と無資格検査、全く違う国際的影響

東レの子会社でもタイヤ部品の製品データ改ざんが発覚した(会見で陳謝する東レの経営陣) Issei Kato-REUTERS

<一連の製品データ偽装は、日本の製造業に対する国際的なイメージ低下を招いているが、自動車メーカーの無資格検査は国内基準のため国際的影響は少なく、2つの事象は同列には扱えない>

神戸製鋼と三菱マテリアル(子会社の三菱電線工業、三菱伸銅、三菱アルミニウム)に続いて、東レでも子会社の東レハイブリッドコードで販売して納入した製品に関するデータが偽装されており、正規の品質基準を満たしていない製品が流通していたことが明るみになりました。また10月末以降、日産とSUBARUについては、資格試験に合格していない検査員が「完成車検査」を行なっていたことが、明らかになっています。

こうした状況を受けて、世界では日本の製造業の評価が下がったとか、「日本製品」のブランドに傷が付いたという報道がされています。ですが、国際的な影響ということを考えてみると、「神戸製鋼、三菱マテリアル、東レ」の問題と、「日産、SUBARU」の問題は、全く質の違う問題です。その点で、全部をまとめて「劣化する日本の製造業」と言うのは違和感があります。

まず神戸製鋼、三菱マテリアル、東レにおけるデータ、あるいは品質の偽装については、弁解の余地はないと思います。例えば、神戸製鋼の問題については、明るみに出た当時は日本では衆院選の報道におされていたわけですが、アメリカでは大変に大きく取り上げられていました。日本の製造業のイメージ低下という以前に、神戸製鋼の製品を使用している世界の多くの企業がこの問題への対応を迫られていたからです。

三菱マテリアルと、東レの場合は国際的な影響については、まだ十分な情報がありませんが、やはり日本の製造業の評価を傷つけるのではないかと心配になります。特に東レの場合は、問題が発覚したのが「タイヤコード」つまりタイヤの骨格に当たる部分に使用する繊維製品を製造する子会社で、今後、使用しているタイヤの安全性などが問われる可能性があります。

一方で、この時期日本では、日産とSUBARUにおける「無資格検査員が完成車検査を行なっていた」という問題が大きな話題になっていました。ですが、この無資格検査については国際問題にはなっていません。というのは、この「資格を持った検査員による完成車検査」というのは、日本の公道を走るための「検定」であって、所轄の官庁も産業振興を担当する経産省ではなく、日本国内の制度を運用している国交省だからです。つまり、実際に日本の工場から出荷する場合であっても、輸出の対象となる車両は関係がないからです。

さらに言えば、この「資格を持った検査員による完成車検査」というのは、時代の流れを受けて改革が必要とされているわけで、現状が必ずしも消費者への「安全なクルマを提供する」という目的に100%かなっているわけでもありません。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

韓国、対空ミサイルの実射訓練に成功

ワールド

金正恩氏、最先端兵器を「より多く製造へ」 科学者ら

ビジネス

長期金利想定、過去最低に並ぶ1.1%で調整=18年

ワールド

原油先物が上昇、米原油在庫は予想以上の取り崩し

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 4

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    小さな飛行士が壮大な宇宙の旅に

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 9

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 8

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!