コラム

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう

2016年06月16日(木)16時30分
モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう

Jorge Nunez-REUTERS

<今月亡くなったモハメド・アリの、ボクサーや人権・平和活動家としての顔は知られているが、日本では「話術師」としての一面はあまり知られていない。パックンが言葉の壁を乗り越えて、アリの表現者としての魅力を解説する>

 モハメド・アリが亡くなった日、大きなショックを受けた。そして、周りの人とその悲しみを分かち合おうとしたら、さらに大きなショックを受けた。

 なんと、モハメド・アリを知らない日本人が非常に多かった。

「アントニオ猪木と戦った人?」という友達もいれば「アトランタ五輪で聖火を点火した人」という友達もいる。「ああ、あの震えてた人ね」といった友達もいたが、キミはもう友達じゃない!

「ボクサーとしてだけではなく、人権運動家、反戦運動家として世界の弱者に勇気を与え、進化する時代の象徴となった大ヒーロー」と答えた友達は誰もいなかった。まあ、それは無理もないかもね。

 とにかく、アリに関する情報は浸透していない印象を受けた。亡くなってからアリの話が毎日のようにテレビで取り上げられたおかげで、今は何となくアリのすごさがわかったという人もたくさんいると思う。

 でも、特集された以外にも、すごい面がある。それについて紹介したい。

 アリは12歳で自転車が盗まれたときに、応対してくれた警察官に勧められてボクシングを始めた。18歳のとき、オリンピックで金メダルを獲った。22歳で史上最年少にして世界チャンピオンから王座を奪った。32歳で、4年近くファイトのブランクがあったのに、そして、アスリートとしてのピークは過ぎているはずなのに、王座を奪還した。さらに一旦引退した後、36歳で、史上で唯一となる3回目のタイトル獲得を果たした。今よりもボクシング界の競争が激しい時代に、リストン、フレイジャー、フォアマンと、「史上最強」と呼ばれた王者を次々と倒した、まさに Greatest of All Time だった。

 これらはアリのアスリートとしてのすごさ。日本でもよく知られているよね? 今回はその話じゃない。

 世界チャンピオンになった直後、キリスト教からイスラム教に改宗し、「(本名の)カシアス・クレイは奴隷の名前だ」と、モハメド・アリに改名した。そして、徴兵制度で入隊を命じられ「ベトコンにニガーと呼ばれたことはない」と明言し、自分たちが差別や弾圧を受けている「アメリカ」のためには戦わない、と拒否した。逮捕され、裁判にかけられ、懲役5年の有罪判決を言い渡された。控訴して投獄を免れたものの、タイトルもライセンスも剥奪された。

「親がつけてくれたヨーロッパ系の名前を捨てた!」
「キリストを冒涜した!」
「国を裏切った!」
「異教徒だ!」
「卑怯者だ!」
「反逆者だ!」
と、各方面から非難ごうごうで、元ヒーローが、一転してアメリカ中で嫌われる悪党になったのだ。
 
 やがて時代は変わった。最高裁で、判事が全員一致でアリの主張を認め、有罪判決が退けられた。アリの反戦の姿勢も評価されるようになった。アリが訴え続ける人権運動も進み、体制と強く立ち向かう勇敢な姿が、世界中で数十億人の弱者への励ましとなった。アリはキング牧師と並べられるぐらいの存在になった。スポーツを超えただけではなく、国境をも人種をも世代をも超越した、地球規模の大ヒーローとなった。

 でも、これは社会における影響の話で、人種差別が少なく、中流階級が多い日本でも、なんとなく知られている。今回お話ししたい事はそういうことでもない。

 そろそろ本題に入らないと読者からアッパーカットを食らいそうだから、いくね。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

米大手金融機関、ボーナス「ゼロ」のトレーダーも

ワールド

アングル:米石炭業界雇用は多くの州で減少、トランプ

ワールド

スペイン、カタルーニャ前州首相の拘束をデンマークに

ワールド

訂正:トルコ軍、シリアへ越境攻撃 クルド人勢力との

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 3

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 4

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 5

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 6

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 7

    激怒する韓国選手も 北朝鮮と平昌五輪統一チーム結…

  • 8

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 9

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 10

    期待に応えず、他人に期待しないほうがうまくいく理由

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!