Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.8.29号(8/22発売)

特集:プーチンの新帝国

2017年8月29日号(8/22発売)

Cover Story

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

ロシア プーチンが中東の盟主になる日
■チャート 大熊ロシアがやって来た
戦略 ロシアが狙う地中海という足場
北極圏 北極開発では誰よりも先へ
言葉 冷徹、強硬、孤独な男の発言録

米兵の瞳に映ったイラクの悪魔

独裁者 処刑目前のフセインを警護した米憲兵隊チームは何を体験したか
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 側近更迭でも不変の差別体質
UNITED STATES 「暴言男」にも酷評されるトランプ劇場
SOCIAL MEDIA テロ組織とツイッターのジレンマ
BRITAIN ビッグ・ベンが4年も沈黙する?
SOUTH KOREA 韓国の建国年をめぐり深まる左右対立
SPAIN バルセロナのテロをCIAは警告していた
SWITZERLAND 「シャワー」にユダヤ人が激怒
UAE UAEと過激派タリバンの意外な蜜月関係
TAIWAN 大規模停電で蔡政権もお先真っ暗?
Asia
NORTH KOREA 北朝鮮がICBMで米軍撤退に王手
HONG KONG 「雨傘」を吹き飛ばす共産党の計算高さ
CHINA なぜだか中国警察が何もしない事件
Business
ドイツ製自動車の信頼が地に落ちた理由
People
ダイアナ死去20年で活発化する暴露の動き、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
核兵器 世論調査に見る米核攻撃の現実味
アメリカ 小さな幸せを奪う移民狩り
社会 住む家がないなら不法占拠がスペイン流
フード ちょっと待ったそのスシは本物?
医療 インフルエンザをパッチで予防
【LIFE/STYLE】
Music ジャズの奇才モンクが残した映画音楽
Health わが子にビタミンDのサプリは必要?
Health 幼い子供の成長を1日1個の卵が支える
Books イスラム女性に性の指南書
Movies 元アメフト選手ALS患者のリアル
Movies オタク監督はジャンル無視で疾走する
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 四川の大地震は政変の予兆?
Picture Power ウガンダ難民キャンプはもう限界

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!