Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.8.15号(8/ 8発売)

特集:2050 日本の未来予想図

2017年8月15日号(8/ 8発売)

Cover Story

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

大予測 日本を待ち受ける2つの未来
GDP 先進国陥落は間近 戦後幻想の終焉
人口 高齢化に少子化、人口減少で社会はどうなる
文化 いでよ、次代の「画狂老人」
防衛 「普通の国」日本の戦争できない未来
政治 2050年、政治家はつらいよ
データ 世界はどう変わる? あまりに過酷な未来予想

さまようウイグル人の悲劇

中国 「一帯一路」進出先から強制帰国させられても帰るべき故郷はない

新・スパイダーマンの新たな魅力

映画 ソニーとマーベルの提携で広がる「悪と戦う仲間たち」の輪
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 反対票マケインは民主党員に大人気
ISRAEL 保守紙とイスラエル首相の近過ぎる関係
RUSSIA ロシア軍事大会にNATOを招待したが
ITALY イタリアマフィアとISISの非道な連携
CHINA 未婚男女比75対1! 心も病む中国農村
NORTH KOREA ASEANに顔を出す北の思惑
FRANCE 支持率低下マクロンにさらなる逆風が
UNITED STATES セレブの大統領選挑戦はおいしい展開
KENYA 大統領選に吹いたフェイクニュースの嵐
Asia
CHINA 膨張中国を阻む四面楚歌の地政学
U.S. Affairs
ムコ殿には少々重荷な中東外交ディール
Business
それでもビットコインは「カネ」になれない
People
英フィリップ殿下、帽子にみる装いの粋
わが道を行くマライアは激太りも気にしない?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
米政治 トランプに勝利と迷走をもたらした極右思想
南米 崩壊ベネズエラに内戦が迫る
米ロ関係 トランプを攻めるプーチン寝技外交
米社会 衝撃の人気ドラマで連鎖自殺が?
開発 リアル世界に生まれるフェイスブック共同体
研究 糖尿病に効く? グリーンな注目株
【LIFE/STYLE】
Movies 最高のパロディー『俺たちポップスター』
Movies 『ブランカとギター弾き』の監督愛
Health 精子の劣化が止まらない
Health マダニ大発生に備え今すぐできる撃退法
Fashion マーガレット・ハウエルという贅沢
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire スカラムッチは燃える×××袋
Picture Power 日本にちりばめられた太陽光発電

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 3

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘――中国の日本人経営者が語る

  • 4

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 6

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 7

    小さな飛行士が壮大な宇宙の旅に

  • 8

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 9

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 10

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 9

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!