Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.2.14号(2/ 7発売)

特集:黒船トランプ? 日本はNOと言えるか

2017年2月14日号(2/ 7発売)

Cover Story

貿易赤字や為替に不満をぶちまけるトランプだが、その姿勢は「ガイアツ」と呼んで恐れるべきものなのか

日米関係 トランプの「外圧」は理不尽か
金融 為替圧力が招く通貨危機の「津波」
スキル 「交渉の達人」のお粗末な交渉術
貿易 最後に笑うのはメキシコ?

世界が見過ごす欧州の火種

ヨーロッパ トランプに目を奪われている間にロシア周辺で不穏な動きが
【PERISCOPE】
InternationaList
CHINA 対中戦争を予告したトランプ政権の司令塔
JAPAN 同盟を守るため国防長官はやって来た
UKRAINE ウクライナの戦闘がトランプを試す
GERMANY メルケル4選を脅かすライバルが登場
BRITAIN トランプに逆らえないメイ首相のジレンマ
YEMEN 対テロ作戦はトランプ政権の失点か
SOUTH KOREA 韓国世論が見捨てた潘基文
MONGOLIA 経済危機のモンゴルで国民が馬まで寄付
ROMANIA チャウシェスク独裁以来の怒りが爆発
U.S. Affairs
保守派の最高裁奪還に民主党は徹底抗戦へ
入国停止令の危険な勇み足
Business
トランプ流情報操作に統計機関も戦々恐々
Media
メディアに勧めるポピュリストとの付き合い方
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 危険な対イラン脅し外交
分析 SNSが映し出す世論の深層心理
外交 途上国がはまる中国インフラ融資の罠
ファーストレディー 服で読み解くメラニアの素顔
陰謀 不信に満ちた中国の脅迫社会
社会 韓国の若者夫婦はなぜ娘を欲しがるのか
トランプ政権 米社会を待つ5つの「新常識」
医療 虫歯治療に革命? 歯の再生を促す薬
【LIFE/STYLE】
Autos シボレー・カマロが帰ってきた!
Fashion ファッションの都がブレグジットで危機に
Movies 心に残らないレトロ映画『マリアンヌ』
Movies 低予算でも恐怖度満点『グリーンルーム』
Travel 欧州カルチャーを牽引する2つの港町
Food グルメを魅了する究極のカプセルコーヒー
Health 肺癌予防のカギは「赤」にあり
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire ああ、素晴らしき一党独裁!
Picture Power 万博の遺産が問う夢と熱狂の跡

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 10

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!