Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.2. 7号(1/31発売)

特集:トランプ支持者の本心

2017年2月 7日号(1/31発売)

Cover Story

口汚い言葉で政敵を罵る新大統領はなぜ支持を失わない? メディアが伝えないトランプ支持者たちの複雑な本音とは

米政治 「トランプ支持」の複雑な真実
支持者 リベラルが見過ごすトランプ愛の源泉
◆政治ショーと化した大統領令◆ 
政策 ツイッターの次は署名で世界をビビらせるのか
■情報 ハッカーが次に狙うのはトランプのスマホ?
米外交 高官が続々辞任、新政権を襲う外交の機能不全
大統領顧問 トランプの史上「最恐」のブレーン
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 新国防長官の初外遊は「謝罪ツアー」
BRITAIN EU離脱を見据えた英交渉の前途多難
ISRAEL 米大使館エルサレム移転が招くもの
NETHERLANDS 極右に押される首相の苦しい一手
KOSOVO 「コソボはセルビア」列車で紛争再燃?
BRITAIN 最高裁判決後もブレグジットは可能か
RUSSIA ロシアの喉元に中国が「刃」を?
NORTH KOREA トランプの北朝鮮対策はアメとムチで
UNITED STATES 「トランプの壁」で移民は阻止できるか
Asia
SINGAPORE シンガポール親中外交の終焉
CHINA 中国の象牙取引禁止令は機能しない?
Business
ダウ2万ドル突破後の不安
超金欠ベネズエラの悪循環が終わらない
まだ止まらない中国サッカーの爆買い
People
「謹慎」メル・ギブソンがオスカーで復活?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
韓国 潘基文は大統領には程遠い
オピニオン 北朝鮮政府の真の脅威は国民
パキスタン マララが上る大人への階段
新技術 「野菜足りてる?」手のひらでチェック
【LIFE/STYLE】
Television 名探偵コンビ、衝撃の第4章へ
Health 心臓病の死亡リスクが腕の太さで?
Health 飲んだ後の食欲増は脳神経の仕業
Food ワインの国の絶品クラフトビール
Food チャイニーズ・フードの歴史拝見
Movies 感動巨編になれなかった『ニュートン・ナイト』
Movies 原作とキャストと監督がはまった会心作
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire ファクト・フリー大統領の誕生
Picture Power 八方塞がりのイタリア労働者

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 10

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!