Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.1.31号(1/24発売)

特集:トランプの読み解き方

2017年1月31日号(1/24発売)

Cover Story

第45代米大統領に就任したドナルド・トランプは引き裂かれたアメリカと困惑する世界をどこへ導くか

アメリカ 恫喝と迷言のツイッター政治
就任式 新たな「主役」を迎えたその日、首都ワシントンは…
演説 アメリカ・ファースト、この時代へようこそ
安全保障 人事難航で生じる空白
アジア 中国との戦争などアジア諸国は望まない
日米外交 不毛な日本叩きは自主防衛の好機
中東 そう簡単でないISIS掃討作戦
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 首都を怒りが占領した日
GLOBALIZATION 「ダボスマン」の揺らぐ足元
GAMBIA ガンビアの居座り大統領がようやく退陣へ
NETHERLANDS 極右政党を牽制するオランダ首相の無力
BY THE NUMBER 本当の戦争になった麻薬戦争
BRITAIN 英EU強硬離脱の勝算は
NATO 「NATOは時代遅れ」なのか
SOUTH KOREA 韓国にポピュリスト政権誕生の懸念
SYRIA 平和の到来を待ち望むシリア
Asia
MYANMAR ロヒンギャ弾圧に広がる非難
HONG KONG 香港行政長官選に中国が露骨な介入
U.S. Affairs
大統領の健康はどのみち内緒
アマゾン10万人雇用増はトランプとは無関係
Offbeat
機内の女性専用席でインドの旅は安心?
トランプ支持者用出会い系の実態
【FEATURES & ANALYSIS】
調査報道 スノーデンが犯した許されざる「大罪」
映画評 O・ストーン監督が描く愛国者の裏切り
医療 黒死病との闘いはまだ終わっていない
新技術 光合成する電池で温暖化をストップ
【LIFE/STYLE】
Music パンク魂はトランプ時代も生まれるか
Health 「週末限定アスリート」の健康効果
Fashion 米アマゾンに潜む偽物に要注意!
Movies 直球リメーク『マグニフィセント・セブン』
Movies 女性活動家を演じたH・B・カーターに聞く
Movies 『タンジェリン』は下品で笑えてほろ苦く
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国「プラスチック絶望工場」
Picture Power 置き去りにされた被災者家族の願い

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り核で攻撃せず」

  • 4

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 7

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 8

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 9

    トランプに代わってクリントンが大統領になる道はま…

  • 10

    ネズミ被害に悩むワシントンDC、ストリート仕込みの…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!