Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.3.15号(3/ 8発売)

特集:創刊30周年特別企画 国際情勢入門 UNITED STATES 病める超大国

2016年3月15日号(3/ 8発売)

Cover Story

トランプ躍進など想定外の展開が続くアメリカ大統領選──。その背後に潜む米社会の難問や新潮流を読み解く基礎知識

狂気の大統領選とアメリカの異常事態
■候補者 カオス過ぎる選挙戦を戦う面々
■大統領選 いつもと違う? 大統領への道
■争点 知っておきたい米社会を分断する5つの争点
若者 変化の嵐を起こすミレニアル世代ってどんな人たち?
経済 イエレンを悩ませる2つのジレンマ
実績 オバマ外交が残す不確実な遺産

創刊30周年 特別企画 国際情勢入門 UNITED STATES 病める超大国


nwe0315_24_25.jpg
【PERISCOPE】
InternationaList
GREECE 出口なき難民の怒りが爆発
UNITED STATES 共和党指名争いはフロリダを待て
SOUTH AFRICA 南アの大学を揺さぶる過激学生デモ
GERMANY ドイツ極右政党を非合法化すべきか
FRANCE 東京五輪招致の不正にメスが入る?
GLOBALIZATION ハリウッドの独り勝ちが終わる
RUSSIA 新世代と「ソ連根性」の対立
SYRIA 停戦シリアに訪れた平穏はいつまで続くか
Asia
CHINA 中国は大量解雇に耐えられるか
MACAU 本土からのVIP減でカジノ経済がピンチ
Business
アマゾンがあなたの家に司令塔を送り込む
Offbeat
ラグビーの母国で「タックル禁止」の波紋
クリスティーはトランプの人質?
People
今年のアカデミー賞をにぎわせた6人
【FEATURES & ANALYSIS】
軍事 南シナ海「軍事化」中国の真意は
視点 「中国牽制」アメリカの切り札はインド
分析 世界経済の新たな危機管理
欧州 「反イスラム」が英国の民意に?
フィリピン イメルダのお宝が語る腐敗の深さ
自動車 普通のエンジンをエコにお手軽改造
【LIFE/STYLE】
Architecture さらば、中国のへんてこ建築ブーム
Books 第3の言語が私にもたらした自由
Sports 男もうらやむ肉体自慢スポルノセクシャル
Movies 色鮮やかな友情物語『アーロと少年』
Movies 老ゲイカップルのどたばた悲喜劇
Movies 麻薬王『エスコバル』は悪魔か聖人か
【Picture Power】
5年後の被災地が直面する現実

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!