コラム

日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

2017年02月21日(火)11時34分

会員制ホールセラーであるコストコの収益構造上の成功モデルは、売上を100としたとき、さらに2~3%相当の収入を会費から確保、粗利益率を企図して12~13%程度におさえ、その分で競争力のある売価を実現、販売管理費率を10%程度におさえて3%程度の営業利益率を確保するというものだ。

通常、小売会社が20~25%程度、卸売会社が15%程度の粗利益率を目指しているなかで、コストコでは粗利益率を低水準でおさえることで、「どこよりも安く」を実現。そのためにしっかりとした事業構造を構築しているのだ。

【参考記事】アマゾンがコンビニ進出! Amazon Goは小売店の概念を180度変える

ポジショニング――「らしさ」のマッチング

欧州のハイパーマーケットであるカルフールであったが、日本進出に際しては、日本人がフランスに対して抱く「おしゃれで高級」なイメージが結果的に災いとなった。

もともとはローコスト・オペレーションで低価格販売が強みであり、海外展開においても「フランスらしさ」を打ち出す展開は行っていなかったのに対し、カルフールでは日本展開に当たっては、例外的に日本人が求める「フランスらしさ」に自らをポジショニングする展開を余儀なくされた。

日本の消費者が求める「フランスらしさ」とカルフールが本来もつ「カルフールらしさ」で大きなギャップが生まれてしまったこと、フランスの日常を消費者に届けるべきところを日本人がフランスにイメージする高級感に縛られ本来の自分らしさが表現できなかったことが致命的であったと言えるだろう。

これに対して日本の総合スーパー(GMS)にはなかった、日本の消費者が抱く「米国らしさ」を自社の強みともマッチングさせながら提供したのがコストコなのだ。

「倉庫店」と命名されたコストコの店舗は、面積も広く天井高で、広い通路に大きなカート、1坪1アイテムを基本とするインストアプロモーションは単品のフェースが大きく、「米国らしい」非日常感を日本の消費者に提供している。

もともと本拠地である北米大陸においても「劇場型ショッピング」を標榜するコストコの倉庫型店舗が、国土の狭い島国である日本において、圧倒的な「米国らしさ」を提供したのだ。

また日本においてイトーヨーカドーやイオンなどのGMSは近年低収益に喘いでいるものの、いざ競合から見ると、国内では圧倒的なプレゼンスを誇っているGMSに対していかに差別化を図ることができるのかが競争戦略上最重要ポイントとなる。

このようななかで、GMSに対して消費者に違いを見せることのできなかったカルフールと、品揃え・価格・店舗の魅力・会員制というビジネスモデルなどで明快にその違いを見せつけたコストコで大きく明暗が分かれたことは必然的だったと言えよう。

あなたの会社の「らしさ」とは何だろうか。そして、それはきちんと顧客に伝わっているだろうか。

※最初の段落で「世界10 9カ国に事業展開するコストコ」と誤って表記しておりました。「世界9カ国に事業展開するコストコ」に訂正しました。(2017年2月21日)

プロフィール

田中道昭

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授
シカゴ大学ビジネススクールMBA。専門はストラテジー&マーケティング、企業財務、リーダーシップ論、組織論等の経営学領域全般。企業・社会・政治等の戦略分析を行う戦略分析コンサルタントでもある。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役(海外の資源エネルギー・ファイナンス等担当)、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任。著書に『ミッションの経営学』など多数。

ニュース速報

ワールド

アングル:英難病乳児の命は誰の手に、SNS論争が世

ワールド

米農務長官、日本の牛肉輸入制限発動に懸念 通商関係

ワールド

ロシア、米外交官退去要請 対ロ制裁強化に報復

ワールド

アングル:米政権の新広報部長、最大94億円の多彩な

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間とともに増す「脅威」

  • 2

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視の交配の犠牲に

  • 3

    オーダースーツを作る前に、体臭・口臭をなんとかしてください

  • 4

    スーツはおしゃれの道具じゃない、「細身」では信用…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    「トランプ大統領が命令すれば、米軍は中国を核攻撃…

  • 7

    米中戦争の可能性は低くない──攻撃に強く守りに弱い…

  • 8

    北朝鮮エリートはSNS大好き 毎日チェックを欠かさない

  • 9

    ジャスティン・ビーバー 外国で激怒された6つの御乱行

  • 10

    日本人が世界に伝える、長寿の秘訣としての「生きが…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 6

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視…

  • 7

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 10

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 3

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 4

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 7

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 8

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 9

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!