コラム

<3分解説>アゼルバイジャン:アルメニアと深まる対立、万博に仲良く出展していたのは遠い過去

2023年10月19日(木)11時16分
アゼルバイジャンの燃える山「ヤナル・ダグ」

燃える山「ヤナル・ダグ」(写真AC)

<万博開催を日本、ロシアと三つ巴で争ったアゼルバイジャンは「火の国」。首都バクーで建設されている世界一高いビルの完成はいつ?>

新型コロナウイルスの流行も収まり、アフターコロナでインバウンド・アウトバウンドともに旅をしたい人々が世界にはあふれる。そうした中、日本は2025年大阪・関西万博の開催を控え、国際理解、多文化共生の機運が高まっている。世界各国から150を超す国・組織が既に参加を表明。「そんな国あったんだ」と驚くこともあるだろう。各国パビリオンの目玉の展示はなにか。世界中の珍しい装飾品や民芸品、美味しい食べ物が一堂に会するまたとない機会だ。連載では、参加表明をしている各国を、手軽にさくっと理解できるように紹介していく。

アゼルバイジャンの国旗 アゼルバイジャン共和国

ロシアによるウクライナ侵攻から1年半が経過した今、その混乱や不協和は近隣諸国の和平にも緊張と混乱を及ぼしている。ロシアと北で接するアゼルバイジャンは長年、隣国アルメニアと紛争問題を抱えてきた。9月に入って軍事攻撃に出たアゼルバイジャン、なぜこのタイミングだったのか。20年前に開催された「愛・地球博」では共同でパビリオンを出していた2カ国の関係は修復し難いのか。

大国に囲まれ、複雑な事情を抱えるアゼルバイジャンの横顔を3分で読み解く。

アゼルバイジャンの地図(写真AC)

概要

面積:8万6,600平方キロメートル(日本の約4分の1)
首都:バクー
人口:1,040万人(2023年:国連人口基金)
一人当たりGDP:6,826ドル(2022年:IMF推計値)

略史

1918年 アゼルバイジャン人民共和国独立宣言
1920年 バクーにソビエト政権樹立、アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国成立
1936年 アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国として連邦に加盟
1989年 共和国主権宣言
1991年 「アゼルバイジャン共和国」に国名変更、独立宣言
1992年 日本と外交関係樹立
1994年 アゼルバイジャン領内でアルメニア系住民が多く住む「ナゴルノ・カラバフ」をめぐるアルメニアとの紛争に関し、停戦協定締結
2020年 ナゴルノ・カラバフをめぐり軍事衝突、ロシアの仲介で3カ国が停戦合意
2023年 9月19日、アゼルバイジャン軍がナゴルノ・カラバフ攻撃、翌20日に停戦合意

過去の万博

2020年ドバイ万博:「未来への種」がテーマ。今、未来に投資することによってのみ、人々は持続可能な明日を確保することができる。葉っぱの形をした屋根は、無限のエネルギープロセスを象徴、葉の一枚一枚が太陽エネルギーを生命力に変える。(紹介文をChatGPTで翻訳・要約、加筆)

2005年愛知万博:「コーカサス共同館」としてアルメニア共和国、グルジア(現ジョージア)と共に出展。「健康と長寿」をテーマに、古くから文明の地として栄えた歴史を踏まえ、各国の地図や山々の写真、絵画を展示。バクーはかつてのシルクロードの中継地で、城壁に囲まれた旧市街もある」と紹介された。

特産品

ワイン:ワイン発祥の地とされるコーカサス地方の構成国として知られ、製造の起源は6000~7000年前に遡る

景勝地

城塞都市バクーなど(世界遺産)

城塞都市バクー

城塞都市バクー(写真AC)

燃える山「ヤナル・ダグ

著名人

リヒャルト・ゾルゲ(1895~1944年)...ソ連のスパイ。日本で諜報活動を行っていたスパイ組織の構成員らが逮捕された「ゾルゲ事件」の首謀者。巣鴨プリズンで死刑に処された。バクー出身

アリー・ハーメネイー(1939年~)...イランの最高指導者。東アーザルバーイジャーン州ハーメネ出身の父はアゼルバイジャン人だった

ガルリ・カスパロフ(1963年~)...チェスの元世界チャンピオンで、15年もの間その地位に君臨。1996年にIBMのチェス用スーパーコンピュータ「ディープブルー」と対戦して勝利するも、翌97年には敗北して話題に

プロフィール

くらふと

主に小中高生向けに異文化理解や世界の諸問題に関するワークショップなどの活動を行う東京外国語大学のボランティアサークル。(協力:南龍太)
Instagram:@tufs_kraft
X:@TUFS_KRAFT

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story