コラム

EUは「死のロード」を生き残れるか 最大の難関はフランス大統領選だ

2016年12月06日(火)07時30分
EUは「死のロード」を生き残れるか 最大の難関はフランス大統領選だ

国民投票に敗北し辞任の意向を示した伊レンツィ首相 Alessandro Bianchi-REUTERS

 4日、オーストリア大統領選のやり直し決選投票と憲法改正の是非を問うイタリアの国民投票が行われた。オーストリアでは5月の決選投票に続いて反欧州連合(EU)派の極右候補を緑の党元党首が退けた。しかし、イタリアの国民投票は大差で否決され、レンツィ首相が即座に辞任を表明した。親EU派にとっては英国のEU離脱決定に次ぐ大きな打撃となった。

【参考記事】オーストリアにEU初の極右政権が生まれる?
【参考記事】国民投票とポピュリスト政党、イタリアの危険過ぎるアンサンブル

親EU派の敗北相次ぐ

 EUの生き残りをかけた「死のロード」が続いている。正直言って非常に厳しい状況だ。まずロードマップを俯瞰しておこう。●は親EU派の敗北、○は勝利を意味する。

 2016年4月 EU・ウクライナ連合協定をめぐるオランダ国民投票
 EUとウクライナの政治・経済関係を強化する「連合協定」の是非を問う国民投票がオランダで実施され、反対64%、賛成36%で否決される。政府とEUへの国民の不信感が浮き彫りに。

 6月 EU残留・離脱を問う英国の国民投票
 英国は離脱52%、残留48%でEU離脱を決定。EU移民の大量流入、EUへの拠出金が国民の不満を買う。キャメロン首相は辞任。サッチャー以来、約四半世紀ぶり2人目の女性首相メイが離脱の舵取りを担う。

【参考記事】EU離脱派勝利が示す国民投票の怖さとキャメロンの罪

 10月 ハンガリーがEUの難民割当政策めぐり国民投票△ 
 EU加盟国ごとに難民の受け入れ人数を割り当てる政策をめぐり国民投票が実施され、反対票が98%近くに達する。投票率は43%にとどまり、有効となる50%に届かず無効に。

【参考記事】イスラム嫌いのスロバキアとEUの深い亀裂

 11月 米大統領選で共和党候補トランプ氏勝利
 英国のEU離脱を支持するトランプ氏が大方の予想を裏切って民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官を破る。トランプ氏は英国のEU離脱や反移民・難民を主張してきた英国独立党(UKIP)のファラージ暫定党首を在米英国大使に逆指名したため、メイ政権に激震が走る。

 12月 憲法改正を問うイタリア国民投票● 
 レンツィ首相は敗北を受け、「政権を担う私の経験はここに終了した」と即座に辞任表明。世論調査では単一通貨ユーロの是非を問う国民投票を主張する反EU派の新興政党・五つ星運動がレンツィ首相の民主党を上回ることも。

 12月 オーストリア大統領選のやり直し投票
 5月の決選投票のやり直しで、緑の党のファン・デア・ベレン元党首が再び極右政党・自由党のホーファー氏を退ける。自由党は戦後、元ナチス党員らによって結成され、反エスタブリッシュメント(支配層)、反グローバリズム、反EU、反移民・難民を訴え、支持を集める。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

金正恩氏「かつてないほど試される」、トランプ米大統

ビジネス

欧州諸国、若年層の失業問題に対処する必要=ECB総

ビジネス

賃上げ加速へ減税案、安倍首相会見での表明調整=政府

ワールド

中国外相、北朝鮮に危険な路線に固執しないよう呼び掛

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 3

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 5

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 6

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 9

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 10

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!