コラム

与党も野党も独裁者も人権派も......韓国の政治家は断食(と丸刈り)がお好き

2023年10月24日(火)14時00分
李在明

ハンストの途中で病院に搬送された李在明 AP/AFLO

<韓国野党・共に民主党の李在明党首が尹錫悦政権に抗議して断食を行い、病院に搬送された。李の決死の行動が政治にほとんど影響を与えなかったのは、韓国政治であまりに頻繁に断食闘争が繰り広げられるからだ>

尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権が発足して間もなく1年半。今の韓国政治の最大の焦点は、来年4月に行われる国会議員選挙に与野党のどちらが勝利するかである。与党が勝てば政権は安定、逆に野党が現在の多数を維持すれば、政権は一気に追い込まれる。

勝敗を分ける大きな焦点の1つが、野党・共に民主党の党首である李在明(イ・ジェミョン)をめぐる問題だ。不動産投資や北朝鮮への送金問題で捜査を受ける李は、尹政権が「民主主義を破壊している」と、抗議の断食闘争を行った。断食は24日間に及び、李は途中で病院に搬送されている。

しかし、李の断食闘争は韓国政治にほとんど影響を与えなかった。断食中の9月21日、国会で李に対する逮捕同意案が賛成多数で可決されている。圧倒的多数の議席を持つ野党議員の一部が断食中の李を裏切ったからである。では、それは「断食闘争」が批判を浴びたからかといえば、それも違う。各種世論調査会社による各政党の支持率に、大きな変化は見られない。李は6月の演説で「不逮捕特権を行使しない」と述べており、にもかかわらず逮捕同意案を国会で否決しようとしたことが「保身」と受け取られたからである。

大統領選に出た大物政治家が長期の断食闘争を行い、病院に搬送されても政治にほとんど影響を与えない──。この奇妙な現象の理由の1つは、韓国政治であまりに頻繁に断食闘争が繰り広げられることにある。

韓国政治における断食闘争の例は、1948年の大韓民国建国以前からいくつかある。しかし韓国現代史で最も有名な断食闘争は、民主化を求めて金泳三(キム・ヨンサム)が83 年に行ったものだろう。この闘争は世界的にも大きな注目を集め、結果、当時の野党政治家の多くが「事実上の政治活動の自由」を勝ち取った。

そしてこの後、韓国ではこれをまねる形で数多くの断食闘争が展開された。特徴は単にパフォーマンスとして短期間の断食をするだけでなく、とにかく病院に搬送されるまで「頑張る」ことである。例えば、90年には金大中(キム・デジュン)が当時の政府の改憲案に抗議して13日間の断食を行っている。

プロフィール

木村幹

1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。最新刊に『韓国愛憎-激変する隣国と私の30年』。他に『歴史認識はどう語られてきたか』、『平成時代の日韓関係』(共著)、『日韓歴史認識問題とは何か』(読売・吉野作造賞)、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『高宗・閔妃』など。


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、トランプ氏が勝利 サウスカロライナ

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 6

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story