コラム

「アルテミス世代」の宇宙飛行士候補が受ける訓練の内容とは? 初公開されたその一部と、記者会見で2人が示した「圧倒的コミュ力」

2024年02月15日(木)19時55分
「ブルースーツ」姿で応じる米田あゆさん(左)と諏訪理さん(同右)

先月31日、報道陣の取材に「ブルースーツ」姿で応じる米田あゆさん(左)と諏訪理さん(同右) 筆者撮影

<昨年2月、宇宙飛行士候補者に選抜された米田あゆさんと諏訪理さん。宇宙飛行士になるために2人はどんな訓練を積んでいるのか。また、「アルテミス計画」を見据えて訓練内容はどう改訂されたのか。2人の発言や印象とともに紹介する>

2024年が始まってまだ50日にも満たないですが、日本初の月面着陸成功、諦めかけていた月面探査機SLIMの電力復旧と機能復活、初号機の打ち上げに失敗した日本の新しい大型基幹ロケット「H3ロケット」の2号機の打ち上げが間近など、早くも我が国の宇宙開発関連のニュースが盛りだくさんに報じられ、ワクワクしている人も多いでしょう。

昨年末には、人類の究極の夢とも言われる「有人月面探査の再開」を目的としたNASA(アメリカ航空宇宙局)が主導する「アルテミス計画」で、日本人宇宙飛行士が少なくとも2人、月面に降り立つ方向で最終調整が進んでいるとも報じられました。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は「アルテミス計画」を見据えて、昨年2月に14年ぶりに宇宙飛行士候補者を選抜しました。およそ1年が経過した先月31日、選ばれた米田あゆさん、諏訪理さんの基礎訓練の様子が、筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で報道関係者に初公開されました。訓練後、2人はJAXAの公式行事などで宇宙飛行士が着用する「ブルースーツ」姿で取材に応じました。

日本では、宇宙飛行士候補者が宇宙飛行士になるためにはどんな訓練を積むのでしょうか。「アルテミス世代」と呼ばれる米田さんと諏訪さんのために、訓練内容はどのように改訂されたのでしょうか。記者会見に臨んだ2人の発言や印象とともに紹介します。

宇宙飛行士候補者が宇宙飛行士になるまで

JAXAの宇宙飛行士候補者は、これまでに6回の募集がありました。13年ぶりとなった2022-23年の選抜(21年12月に募集開始)は、約1年かけてじっくりと行われました。

応募者は書類審査を通過すると、英語、大卒程度の一般教養、国家公務員総合職(大卒程度)相当のSTEM分野(理工系)の試験、小論文などによる第0次選抜に進みます。核となる第1次から第3次選抜では、心身の健康状態とともにコミュニケーションやプレゼンテーション能力、運用技量など、宇宙飛行士としての資質をあらゆる方面からつぶさに審査されます。

2022-23年選抜は、自然科学系の大卒以上に限られていた学歴要件や専門性が撤廃され、身長制限なども緩和されたため、963名と過去最高だった前回を大幅に更新する4127名が応募しました。選ばれたのが、日本赤十字社医療センター外科医で当時28歳の米田さんと、世界銀行上級防災専門官で当時46歳の諏訪さんです。

もっとも、宇宙飛行士候補者に選抜されたからといって、自動的に宇宙飛行士と認められて宇宙空間で行われるミッションに参加できるわけではありません。

約20カ月の基礎訓練で宇宙飛行士の心構えや科学的、工学的な知識や技術を習得した後、審査委員会の審査を受けて合格して、はじめて宇宙飛行士として認定されます。さらに、宇宙空間での搭乗ミッションに参加するためには、その後も維持向上訓練を続け、搭乗割当の認定に必要な訓練を修める必要があります。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)、ニューズウィーク日本版ウェブの本連載をまとめた『ビジネス教養としての最新科学トピックス』(2023年、集英社インターナショナル)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    米スポーツライターが断言「大谷翔平は被害者。疑問…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    『オッペンハイマー』日本配給を見送った老舗大手の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story