長嶺超輝

ライター。法律や裁判などについてわかりやすく書くことを得意とする。1975年、長崎生まれ。3歳から熊本で育つ。九州大学法学部卒業後、弁護士を目指すも、司法試験に7年連続で不合格を喫した。2007年に刊行し、30万部超のベストセラーとなった『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書)の他、著書11冊。最新刊に『東京ガールズ選挙――こじらせ系女子高生が生徒会長を目指したら』(ユーキャン・自由国民社)。
ブログ「Theみねラル!」

法からのぞく日本社会

東京五輪まであと4年、「民泊」ルールはどうする?

2016.09.05
法からのぞく日本社会

東京五輪まであと4年、「受動喫煙防止」ルールはどうする?

2016.09.05
法からのぞく日本社会

天皇陛下の基本的人権――日本国憲法から読み解く

2016.08.18
法からのぞく日本社会

「酒の安売り許さん!」の酒税法改正は支離滅裂

2016.08.08
法からのぞく日本社会

ポケモンGOは大丈夫? 歩きスマホをやめたくなる5つの裁判例

2016.07.21
法からのぞく日本社会

都知事に都議会の解散権はない......が、本当に解散は不可能か?

2016.07.17
法からのぞく日本社会

本当にもう大丈夫? 改正されても謎が残る「風俗営業法」

2016.07.05
法からのぞく日本社会

参院選は7月11日生まれの「17歳」も投票できます

2016.06.30
法からのぞく日本社会

国民投票か、間接民主制か? 理想の選挙制度を探して

2016.06.30
法からのぞく日本社会

選挙の当落を左右する!? 味わい深き「疑問票」の世界

2016.06.14
法からのぞく日本社会

刑事裁判の新制度「一部執行猶予」は薬物中毒者を救うか

2016.06.09
法からのぞく日本社会

本の「せどり」が合法なのに、なぜチケットのダフ屋は違法なのか

2016.05.31

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング