長嶺超輝

ライター。法律や裁判などについてわかりやすく書くことを得意とする。1975年、長崎生まれ。3歳から熊本で育つ。九州大学法学部卒業後、弁護士を目指すも、司法試験に7年連続で不合格を喫した。2007年に刊行し、30万部超のベストセラーとなった『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書)の他、著書11冊。最新刊に『東京ガールズ選挙――こじらせ系女子高生が生徒会長を目指したら』(ユーキャン・自由国民社)。
ブログ「Theみねラル!」

法からのぞく日本社会

東京五輪まであと4年、「民泊」ルールはどうする?

2016.09.05
法からのぞく日本社会

東京五輪まであと4年、「受動喫煙防止」ルールはどうする?

2016.09.05
法からのぞく日本社会

天皇陛下の基本的人権――日本国憲法から読み解く

2016.08.18
法からのぞく日本社会

「酒の安売り許さん!」の酒税法改正は支離滅裂

2016.08.08
法からのぞく日本社会

ポケモンGOは大丈夫? 歩きスマホをやめたくなる5つの裁判例

2016.07.21
法からのぞく日本社会

都知事に都議会の解散権はない......が、本当に解散は不可能か?

2016.07.17
法からのぞく日本社会

本当にもう大丈夫? 改正されても謎が残る「風俗営業法」

2016.07.05
法からのぞく日本社会

参院選は7月11日生まれの「17歳」も投票できます

2016.06.30
法からのぞく日本社会

国民投票か、間接民主制か? 理想の選挙制度を探して

2016.06.30
法からのぞく日本社会

選挙の当落を左右する!? 味わい深き「疑問票」の世界

2016.06.14
法からのぞく日本社会

刑事裁判の新制度「一部執行猶予」は薬物中毒者を救うか

2016.06.09
法からのぞく日本社会

本の「せどり」が合法なのに、なぜチケットのダフ屋は違法なのか

2016.05.31

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも影響が

  • 3

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 4

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 5

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 6

    大阪北部で震度6弱、3人死亡 JR・私鉄が運休、工…

  • 7

    イスラエルとイラン、戦争で勝つのはどっちだ

  • 8

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    タツノオトシゴの丸焼きがタイで炎上、一転保護へ

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 8

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 9

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月