注目のキーワード

コラム

国内にはない「チャンス」が必ずある...日本人よ、「海外留学」を恐れるな

2022年06月02日(木)17時22分
トニー・ラズロ
石井健雄

ヨーデル歌手の石井健雄 PETER BISCHOFF/GETTY IMAGES

<「言葉の壁」を恐れる気持ちもわかるが、できるようになるのを待っていては一生無理。コロナ後は留学で世界の扉を開こう>

音楽に取り組む高校生から、「私、留学したほうがいいと思う?」と聞かれた。「イエス」と即答しかけた。世界で活躍できるチャンスがあるなら、そのチャンスをつかんだほうがいい。留学がそのチャンスをつかむきっかけになるかもしれない。ただ、「したほうがいいかどうか」よりも「したいかどうか」のほうが大切な質問だ。

コロナ前の2019年6月に発表されたある調査を思い出した。高校生の留学に関する意識調査で、日本、アメリカ、中国、韓国を比較したもの。日本の高校生は、「外国へ留学したいと思わない」と回答した人が5割弱いて、4カ国中で最も多かった。日本の若者は「内向き志向」だとよくいわれるが、その傾向を示す調査結果だと思う。

意識調査で挙げられた理由はいろいろある。「母国のほうが暮らしやすいから」も「面倒だから」も、「言葉の壁があるから」も述べられている。自分の国を離れて慣れない場所で暮らすのは、確かに面倒。言語面のハードルも無視できない。

日本人が持つ外国語に対する苦手意識を考えるとき、偉大な冒険家、植村直己が残した言葉が頭に浮かぶ。「英語ができない、フランス語ができないなどと言っていたら、一生外国など行けないのだ」

日本から離れてこそ日本の良さも問題点も分かるといわれるが、本当のことだ。と同時に、よその国の課題やグローバルな問題を自分ごとと捉えられるようになる。それができる人材は日本をさらに良い国にしてくれるし、その人自身の成長につながる。言葉の壁に負けず、もっと多くの日本の若者に世界へ挑戦してほしいと思う。

ドイツ留学がきっかけでまさかの歌手デビュー

僕は最近までベルリンで生活していたが、そこで出会った日本人をここで紹介したい。アルプス地方などを発祥とする歌唱法「ヨーデル」の歌手として、40年以上も前からドイツ語圏で活躍する石井健雄(写真)だ。

東京で生まれ育ち、レコードから独学でヨーデルを学んだ人だが、チャンスをつかめたのは、機械工学を学ぶためにドイツに短期留学したからだった。留学中にスイスに旅行した際、酒場で歌声を披露したら注目され、その後ドイツで歌手デビューした。

75歳となる今も活躍し続けており、17年にはコミカルな音楽作品で有名な米ユーチューバー「グレゴリー・ブラザーズ」と組んで、「チキンアタック(鶏攻撃の術)」という曲を発表。2400万回以上も再生された。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

再送-イスラム国戦闘員に終身刑、シリアで米国人殺害

ワールド

米、ウクライナに追加軍事支援 監視ドローンなど7.

ワールド

ノルドストリーム1、8月末から3日間供給停止 点検

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 5

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 6

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    マーベル最新ドラマ『シー・ハルク』のプロモにホー…

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 8

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中