コラム

「米イラン危機」にイラン出身の私がコメントする難しさ

2020年01月31日(金)16時30分
石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
「米イラン危機」にイラン出身の私がコメントする難しさ

報道機関の中には、あおりながら強引に発言を引き出そうとする人もいた HISAKO KAWASAKI-NEWSWEEK JAPAN

<繊細で複雑な問題について、誤解を避けるために語ることはしなかった......正しい対応だったのかは分からないが、悩み抜いた末に得られた教訓もあった>

皆さんご存じのように、昨年末からキナくさい雰囲気だった中東で新年早々に事態が急変した。アメリカがイランのガセム・ソレイマニ革命防衛隊司令官を襲撃し殺害、イランは素早く報復攻撃──。世界が緊迫した。私がこの原稿を書いている時点では、報復攻撃に対するアメリカ側の声明により、ひとまず双方手打ち、一段落という状態。出自がイランの日本人の私も一安心である。

言っても詮無いことだが、イランで生まれたという出自は、私が日本人になっても一生付いてくる。このたびのアメリカとイランの一触即発の事態を受け、複数の報道機関から取材のアプローチをいただいた。取材の趣旨としては、イラン人としての日常生活、この事態を受けて思っていることや困っていること、元イラン人としての立場や考えを聞きたいというものが多かった。

問い合わせをしてくれた方々に、逆にメディアの現状や対応について話を聞いてみたところ、どの報道機関も丁寧に状況を教えてくれた。さまざまな海外メディアからペルシャ語の速報が飛び交い情報が錯綜していること、緊迫した現地の情報がとても乏しいこと、日本在住のイラン人に取材を頼んでいるが誰も受けてくれず困っていること──。

どの話もとても気の毒だった。私にできることであれば少しでも協力したかった。だが、取材を断ったイラン人と同様に、私も残念だがお断りをした。

イランとアメリカの衝突について語ることは困難を極めるし、とても繊細で複雑なためイラン人だけではなくあらゆる立場の人に誤解を受けやすい。今や日本人になったとはいえ、イランにルーツを持つ私にとって、知っていることや思いを発言するチャンスだと考えることはできなかった。

周囲から、私は好き勝手に言いたいことを言っていると思われがちだ。この連載やソーシャルメディア上では、とても自由に発言させていただいている。今は会社に雇用されているわけではないので、上司や同僚、部下に気を遣うこともない。そういうイメージを持たれがちな私だが、だからといって周囲に配慮を怠っていいとは思っていない。

アプローチしてきた報道機関の人の中にも、社長さんでしょ? 困っていることがたくさんあるでしょ? 好きなこと言えるでしょ? とあおりながら強引に発言を引き出そうとする人もいた。そのあおりに乗りたい気持ちを抑えながら、深夜の取材をねぎらい電話を切った。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)

ニュース速報

ワールド

インド、新型コロナ感染者が60万人突破 死者1万7

ビジネス

アングル:香港国安法を投資家が歓迎、「本土資金」に

ワールド

東京都の新たなコロナ感染は107人、大型連休以来の

ワールド

温暖化対策、パリ協定の目標達成には一段の技術革新必

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

  • 4

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 5

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 6

    「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

  • 7

    急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

  • 8

    海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

  • 9

    山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現在のシステムを焼き払う」の衝撃

  • 4

    米南部の感染爆発は変異株の仕業?

  • 5

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 6

    米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

  • 7

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 8

    スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

  • 9

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 3

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

  • 4

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 5

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 6

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 7

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    木に吊るされた黒人男性の遺体、4件目──苦しい自殺説

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!