最新記事
モンゴル

モンゴルで歴史に残る総選挙、憲法改正で「定数が76から126に」史上初の在外投票も、不正疑惑が...

Mongolian Democracy

2024年7月9日(火)17時56分
ボロル・ハジャフ(モンゴル・北東アジア研究者)
モンゴル総選挙が示す民主主義の現在地

定数が拡大した今回選挙への有権者の関心は高かった(首都ウランバートル) B. RENTSENDORJーREUTERS

<総選挙の結果、与党・モンゴル人民党が僅差で過半数を得たが野党も勢力を伸ばし、連立政権の模索へ。若手が多数当選でも、公平性の不足が選挙監視団からは指摘されている>

その日、モンゴル各地で大勢の人が投票所に列を成した。

6月28日に実施された総選挙はモンゴル近代史上、最も重要な選挙の1つだった。憲法改正で、議員定数が76議席から126議席に増えた新たな議会は、民主主義や統治、発展をめぐる政策の策定に重大な役割を果たすことになる。


勝利したのは与党・モンゴル人民党だが、獲得議席数は僅差の過半数である68議席。野党の民主党や人間党、新国民連合が勢力を伸ばし、連立模索の動きが報じられている。

今回の総選挙では、環境や教育、医療など、多様な分野から出馬した人々が当選した。

人民党は若年世代の指導者を候補者に抜擢し、行政府からの立候補者を多数擁立。現職の外相、文化相、デジタル開発・通信相、労働社会保障相がいずれも選出された。

民主党も若者を起用した。史上最年少の27歳で立候補したサルルサン・ツェングンは、国家的課題であるエネルギー改革を掲げて当選。火星研究プロジェクト「Mars Ⅴ」の設立者、スフバートル・エルデネボルドも議会入りした。

巨額の選挙支出も問題

その一方で、選挙過程には取り組むべき問題が見られた。

大規模な選挙監視体制やライブ配信プラットフォームにもかかわらず、ソーシャルメディアでは不正行為が伝えられた。投票締め切りのわずか数時間前には、フェイスブックとX(旧ツイッター)で、現金による賄賂や怪しげな行為の疑惑が浮上。人民党と民主党は、複数県で贈賄を行ったと非難合戦を繰り広げた。

オンラインで拡散したある動画では、人民党現職議員の支持者とみられる人物が、各自にメモが記された有権者氏名リストを手にした姿が確認できる。これは、組織的な不正選挙が仕組まれていた証拠だという声が上がった。

新国民連合のニャムタイシル・ノムトイバヤル代表は、人民党が選挙運動を妨害したと声明で発表。一例として、新国民連合候補者の選挙戦に中国人労働者300人が動員されているとのフェイクニュースを拡散したと非難した。

ノムトイバヤルは当選したが、その政治的野心には不安も付きまとう。モンゴル鉱業大手創業者の長男であり、利益相反の可能性があるからだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシアと中国の核搭載可能な爆撃機、米アラスカ付近を

ビジネス

人民元、12月以来の大幅上昇へ 円高と国有銀のドル

ビジネス

焦点:トランプ政権誕生ならインフレ再燃、FRBに新

ビジネス

半導体大手STマイクロ、通期予想を2度目の下方修正
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中