最新記事
古生物学

テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚異の保存状態

Amazingly Preserved 700,000-Year-Old Lizard Fossil Discovered

2024年7月8日(月)12時50分
イザベル・キャメロン
スペイン領カナリア諸島のテネリフェ島 Hendrik Cornelissen-Unsplash

スペイン領カナリア諸島のテネリフェ島 Hendrik Cornelissen-Unsplash

<テネリフェ島の砂岩から、保存状態が極めて良好な巨大トカゲの化石が発見された>

スペイン領カナリア諸島のテネリフェ島で、70万年前のトカゲの化石が、骨格がつながったままの極めて良好な保存状態で見つかった。

【動画】驚異の保存状態...テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石

研究者はこの化石について、カナリア諸島に人類が到達するはるか以前に生息していた絶滅種の巨大トカゲ「ガロティア・ゴリアテ(Gallotia goliath)」の可能性があると見ている。

現役を引退した植物学者のアルノルド・サントス-ゲラが、驚くほど保存状態が良好なトカゲの化石に遭遇したのは2年前、カタツムリの殻を探していた時だった。

この標本が見つかった重さ19キロの砂岩には、もう1匹のトカゲ(恐らく小型あるいは幼体)の化石も含まれていたが、こちらは保存状態がかなり悪かった。

この2匹は砂丘で一緒に死んだのだろうと研究者は見ている。

大きい方のトカゲは保存状態が極めて良好で、骨格がバラバラにならずに生きていた時の姿を保っていた。突然死んで砂に埋まったために、腐敗することも餌にされることもなかったと思われる。

サントス-ゲラはテネリフェ島にあるラ・ラグーナ大学の古生物学者カロリーナ・カスティージョ-ルイスに連絡を取り、同大で標本のスキャンとクリーニングを行った。今後さらに詳しい調査を予定している。

大きい方の化石は、頭蓋骨をデジタルで再現してカナリア諸島の別の絶滅種のトカゲや生きているトカゲと比較する。

骨格の特徴を詳しく分析することで、この標本がガロティア・ゴリアテなのか、それとも全く別の種なのかを見極める。

ラ・ラグーナ大学は、近くのエル・イエロ島で見つかったさまざまなトカゲの化石のコレクションを所蔵している。化石は4000年~1万5000年前のもので、保存状態の良い歯の付いた顎の骨格や脚の骨格などが、比較研究用に綿密にカタログ化されている。

新しい標本は保存状態が極めて良好なため、断片から推定しなくても原形をとどめた化石を正確に測定でき、比較がしやすいとカスティージョ-ルイスは話す。

今回の発見は、先史時代のカナリア諸島の野生生物の解明に役立つとともに、この地域の古生態学を研究する手がかりにもなる。骨格が保たれていることで、そうした古代爬虫類の形態や推定される行動を調べることができ、進化と順応に関する理解が深まることが期待される。

今後はこの化石の解剖学的特徴を詳しく調べ、生物多様性とカナリア諸島で起きた環境の変化に関する研究に役立てる。

(翻訳:鈴木聖子)

20240730issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月30日号(7月23日発売)は「トランプ暗殺未遂」特集。前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不

ビジネス

豪ANZ、市場操作の証拠なし 国債取引額の過大報告
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中