最新記事
ウクライナ情勢

ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車砲とドローンの「精密爆撃」で次々に「撃破」する瞬間

Russian armored vehicle convoy destroyed in precision aerial attack

2024年7月5日(金)19時01分
ブレンダン・コール
ウクライナ軍がロシア戦車を撃破

Karasev Viktor/Shutterstock

<ロシア軍の占領下にある東部ドネツク州の村で、地雷やドローンを駆使して組織的な攻撃を行ったとウクライナ側が発表>

ウクライナ軍の第79独立空中強襲旅団が、ロシア軍を攻撃した際の様子を撮影した動画をインターネット上に投稿。この攻撃でロシア軍は少なくとも7両の軍用車両を失ったとし、対戦車砲やドローンなどを使った正確な攻撃で、ロシアの歩兵戦闘車両を次々に爆破する瞬間を公開した。

■【動画】閲覧注意:乗員兵士たちの「亡骸」乗せ、戦場を彷徨うロシア戦闘車...対戦車砲とドローンの「精密爆撃」の瞬間

同旅団はテレグラムのチャンネルに、ロシア占領下にあるウクライナ東部ドネツク州のノヴォミハイリフカ村でロシア軍の車列を攻撃した際の様子を撮影したとする動画を投稿した。第79独立空中強襲旅団は3月にもこの村でロシア軍による攻撃を撃退しており、ウクライナ軍のオレクサンドル・シルスキー総司令官がその功績を称えていた。

「息絶えたロシア兵たちを乗せたまま動き続けている」

第79独立空中強襲旅団は6月30日にテレグラムのチャンネルで、ウクライナ軍が「歩兵戦闘車両7両を破壊」し、「占領者によって本物の地獄への扉が開かれた」と説明した。ゴースト・モンローの曲「I Am the Fire」がバックに流れる62秒の動画は(一日の異なる複数の時間帯に)戦車が攻撃を受けて爆発する様子が複数のアングルから捉えている。

彼らは投稿の中で、ドローンの操縦車、対戦車砲手や工兵たちが「必要な場所に正確に攻撃を仕掛けて」組織的な攻撃を行ったと述べた。「ロシア兵の中には驚くほど粘り強く、家屋の一つに避難することができた者もいた」と彼らは説明し、さらにこう続けた。「だが私たちをサポートするウクライナ軍の航空部隊は、彼らに一切のチャンスを与えなかった。攻撃は命中した!」

ウクライナ内務省のアントン・ゲラシチェンコ顧問も、この動画をX(旧ツイッター)上で共有した。「力強い動画だ。狭い区域で複数の歩兵戦闘車両が焼き尽くされ、このうち1両は息絶えたロシア兵たちを乗せたまま動き続けている」と彼は投稿し、さらにこう続けた。「彼らはウクライナ軍への攻撃に失敗し、歩兵戦闘車両7両と歩兵部隊を失った」

本誌はこの未検証の動画についてロシア国防省にメールでコメントを求めたが、これまでに返答はない。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、米原油在庫減少で 中東の停戦期待で

ビジネス

製造業PMI7月は49.2に悪化、サービス業は50

ビジネス

三菱自株が10%超安、4─6月期決算で 「円安加味

ワールド

韓国消費者信頼感、7月は2年3カ月ぶり高水準 イン
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中