最新記事
ウクライナ情勢

長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-57ステルス戦闘機2機を損傷、とウクライナ

Drone strike may have damaged 2 of Russia's most advanced combat jets—Kyiv

2024年6月11日(火)18時19分
エリー・クック
ロシア西部ジュコフスキーで行われた航空ショーでアクロバット飛行を見せるSU-57

ロシア西部ジュコフスキーで行われた航空ショーでアクロバット飛行を見せるSU-57(2021年7月25日)   Photo by Mihail Siergiejevicz / SOPA Imag/Sipa USA

<前線から約590キロ離れたロシア領内の飛行場に駐機していた最先端戦闘機を損傷。本当なら、ウクライナ長距離ドローンの最大の成果だと専門家>

ウクライナ戦争の前線から遠く離れたロシア軍の飛行場がウクライナの長距離ドローンによる攻撃を受け、ロシア軍の最新鋭ステルス戦闘機2機が損傷を受けた可能性がある。ウクライナ側は、ロシア軍のSu-57ステルス戦闘機に対する攻撃が初めて成功させた、と主張している。

【動画】トップガン・マーヴェリックとSU-57のドッグファイト、ほか

ウクライナ国防省情報総局(GUR)は6月9日、ロシア南部アストラハン州にあるアフトゥビンスク飛行場に対する攻撃を行い、ロシア軍のS-57戦闘機を損傷させたと述べた。同飛行場はウクライナ東部の前線から約590キロメートル離れている。

 

GURのアンドリー・ユーソフ報道官は、攻撃によりSu-57戦闘機2機が損傷を受けた可能性があるという「暫定的な情報」が入っていると述べた。

ロシア軍は第5世代ジェット戦闘機のSu-57をウクライナの前線から遠く離れたところに駐機させてきた。米軍が保有するステルス戦闘機F-22ラプターと比較されることが多い最新鋭の高価な軍事資産を危険にさらさないようにするためだ。

ロシア軍は現在、数機のSu-57を保有しており、さらに今後数年間で70機以上が軍に納入される予定だ。

貴重なSu-57の任務は限定的

ウクライナ空軍のイリヤ・イェウラシュ報道官は4月下旬に、ロシア軍はSu-57を一部の任務に使用しているが、ウクライナの防空システムの射程からは遠く離れた場所での任務に限定しようとしていると述べた。

イギリス政府は2023年初頭、ロシアがSu-57戦闘機(NATOでは通称フェロンと呼ばれている)をウクライナへの攻撃に使用していると報告。ただしロシア領内から長距離ミサイルを発射する任務に限定していると指摘した。

ロシアの著名軍事ブロガー「Fighterbomber」は9日、ウクライナ軍のドローンがアフトゥビンスク飛行場を攻撃し、Su-57戦闘機が「破片で損傷を受けた」と述べた。損傷を受けたSu-57戦闘機が修理可能な状態かどうかは分かっていない。

英シンクタンク「王立統合軍事研究所(RUSI)」のジャスティン・ブロンク上級研究員は、もしもSu-57戦闘機が大きな損傷を受けている場合、ウクライナ軍の自爆型ドローンにとって「注目すべき成功の一つ」になるだろうと指摘。Su-57のような最新鋭戦闘機の修理には、より多くの時間と費用がかかるだろうとつけ加えた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシア軍、ウクライナ中部ポルタワ州を攻撃 22人負

ワールド

NATO加盟20カ国超、24年に国防費2%目標達成

ワールド

デンマーク、ロシア産原油輸送の「影の船団」阻止を検

ワールド

ロシア拘束の米記者、スパイ容疑の審理非公開で実施 
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中