最新記事
ウクライナ戦争

ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツク州での衝撃映像公開

Russian Su-25 Downed by Ukrainian Missile in Point-of-View Video

2024年6月12日(水)14時40分
イザベル・ファン・ブリューゲン
ロシアのSu-25戦闘機 REUTERS

ロシアのSu-25戦闘機 REUTERS

<第110独立機械化旅団がドネツク州でロシアのSu-25を撃墜する瞬間を捉えた映像を公開した>

ウクライナ軍は、同国の東部ドネツク州で6月10日にロシアのSu-25戦闘機を撃墜した瞬間という動画を公開した。

【動画】ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツク州での衝撃映像公開

この動画は、ウクライナ陸軍第110独立機械化旅団が11日に公開したもので、ウクライナ国防省がXに投稿した。国防省はこう書いている。「第110機械化旅団が、ロシアのSu-25ジェット機を10日に破壊した動画を公開した。素晴らしい戦士たち!」

ロシア空軍は、ウクライナ戦争で甚大な被害を出している。ウクライナは5月、ソビエト連邦時代のSu-25を大量に撃墜したと主張している。本誌は、この動画がいつ撮影されたかについて、独自に検証することはできなかった。

この一人称視点の動画には、標的が地面に落ちていく様子が映っている。第110独立機械化旅団はフェイスブックで、ロシア軍のパイロットが「われわれ旅団の責任区域に飛び込むという大胆な行動に出た」と述べている。

第110機械化旅団はさらに、「彼には、自らの愚かな行為を後悔する時間さえほとんどなかった。ロケットが発射されてから(Su-25の)側面に命中するまでの、ほんのわずかな時間だ」と続ける。「われわれは、『彼らは自爆者しか雇わないようだ』と冗談を言いあっている」

アメリカ欧州軍を率いるクリストファー・カヴォリ大将は4月の米連邦議会で、ロシアは2022年2月にウクライナへの本格的な侵攻を開始して以来、航空機の10%を失ったと述べた。

オランダのオープンソース・インテリジェンス防衛分析サイト「オリックス」は、ウクライナ戦争の開始以来、ロシアの航空機106機が破壊され、10機が損傷したことを目視で確認している。

オリックスはまた、開戦以来、ウクライナの航空機86機が破壊され、3機が損傷し、1機が鹵獲(ろかく)されたことを目視で確認している。

ロシアの兵士と装備の損失を毎日投稿しているウクライナ軍参謀本部は11日の最新情報で、ロシアは開戦以来、359機の航空機と52万850人の兵士を失ったと述べている。

ロシア国防省は10日の最新情報で、ロシア軍は開戦以来、ウクライナの航空機613機を破壊したと発表している。

本誌は、これらの数字を独自に検証できなかった。ロシアもウクライナも、自国については、死傷者数や装備の損失に関する情報をほとんど公表していない。

今回Su-25が撃墜されたドネツク州は、ルハンシク州とともに、ドンバス地方を構成しており、ドンバス地方は絶え間ない砲撃にさらされている。ロシアは、2014年にウクライナ東部に侵攻して以来、ドンバス地方を勝ち取ることを目指しており、現在も領土拡大を進めている。

(翻訳:ガリレオ)

2024071623issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月16日/23日号(7月9日発売)は「まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50」特集。万引大国アメリカ、月にクマムシ、ウクライナでワインツーリズム、欧州アフリカ海底鉄道…… PLUS クイズ50

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

全国コアCPI、6月は+2.6% コアコアは11カ

ビジネス

フォード、加工場でEVからガソリン駆動ピックアップ

ビジネス

メタ、「レイバン」メーカーに5%出資交渉=WSJ

ワールド

インド中銀、自然利子率の推計値が上昇 金融緩和余地
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中