最新記事
事件

台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像...襲われた乗客たちが「果敢な反撃」でボコボコに

Video Shows Subway Passengers Wrestling Knife Attack Suspect

2024年5月24日(金)19時48分
ジョン・フェン
台湾の地下鉄

台北市の地下鉄駅(2022年) Hesther Ng / SOPA Images/Sipa US via Reuters

<周囲の乗客2人に刃物で切りつけ、乗客たちによって取り押さえられた男は、事件時には「とても気分が悪かった」と供述>

台湾中部の台中市を走る地下鉄の車内で男がナイフを振り回し、居合わせた乗客たちに取り押さえられる事件が起きた。当局によれば取り押さえられた男は、2人の乗客を「切りつけた」という。ナイフを手に突進してくる男を、周囲の乗客たちが果敢に押さえつけたり、殴りつけたりする衝撃的な現場の様子は携帯電話で撮影されており、SNSで拡散されている。

■【動画】台湾の地下鉄で、ナイフを手に「無差別」に襲い掛かる男...スマホ映像が捉えた「密室の恐怖」と、乗客の勇気ある反撃

容疑者は、「ハン」という名字だけが明らかにされた20歳の男で、その場で拘束されたと、台中市政府警察局は発表した。ハンと、被害に遭った17歳と27歳の男性乗客は、ナイフによる傷に関して治療を受けている。

複数の負傷者が出たのは、台中市内を走る地下鉄「台中メトロ」の車内でのこと。台中市政府消防局によると、同局には5月21日午前11時17分(現地時間)に通報が入った。文心桜花駅を出た車両が、市政府駅に到着した直後だった。

17歳の乗客は、胸、肩、腕を刺されて入院。27歳の乗客は、頬と顎に6インチほど(約15センチ)の切傷を負ったと、消防局は述べた。ハンは、右手の複数の指を切って治療を受けた。

3人目の被害者は軽傷で、入院の必要はなかった、と警察は発表した。

傘で身を守ろうとする人、顔から血を流す人も

目撃者の証言によると、ハンは地下鉄に乗り込むと、すぐさまカバンから中華包丁を取り出し、いちばん近くにいた乗客に襲いかかった。居合わせた乗客に包丁を取り上げられたが、果物ナイフでさらに切り付けた。

スマートフォンで車内を撮影した映像は、ソーシャルメディアのサイトで広く共有され、地元メディアでも大きく取り上げられた。そこには、茶色の上着を着てマスクを着けた男が映っている。目撃者たちは後に、この男が犯人だと確認した。

映像には、傘で身を守ろうとする男性や、容疑者ともみ合って顔から血を流しているように見える人物も映っている。容疑者はさらに、車両の反対側に固まっていた乗客たちのところに向かって行って攻撃したが、出入り口付近で取り押さえられた。

映像では、ドアに押し付けられ、ヘッドロックをかけられたハンの頭を、複数の乗客が握りこぶしで殴る様子が続く。映像には、1本の中華包丁と、少なくとも1本の果物ナイフが何度か映りこんでいたが、本誌は独自の検証はできなかった。

当局の発表によると、回収された刃物は合計3つだ。血痕の残る車内からは、果物ナイフがもう1本見つかった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ

ワールド

ロシア、拘束中のWSJ記者の交換で米国と接触=クレ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 4

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 7

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 8

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 9

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 10

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中