最新記事
インド

総選挙で勝利確実のモディとインド人民党が「遠くない将来に迎える転機」とは?

2024年4月23日(火)12時40分
マイケル・クーゲルマン(ウッドロー・ウィルソン国際研究センター南アジア研究所長)
西ベンガル州の集会で候補者と共に支持を訴えるモディ(中央、4月16日) ANI PHOTOーREUTERS

西ベンガル州の集会で候補者と共に支持を訴えるモディ(中央、4月16日) ANI PHOTOーREUTERS

<インドの総選挙は4月19日から6月1日まで続き、モディ首相とインド人民党の強固な支持が選挙結果を大きく影響する>

インドの総選挙は4月19日に始まり、6月1日まで6週間続く。この選挙は一見、今年南アジアで行われた他の2つの選挙と似ているように見えるかもしれない。

1月のバングラデシュ、2月のパキスタンと同様、現政権の勝利が予想され、野党指導者の失脚や政府批判派の取り締まり強化を背景に投票が行われる。だがインドの選挙と政治状況は、この地域全体の政治動向とは対照的だ。

主な理由は長期間続くモディ首相と与党・インド人民党(BJP)の高い人気にある。最近の調査によると、モディの支持率は75%。2014年から政権を担ってきた政府の長としては異例の数字だ。

要因はいくつもある。モディの人柄、指導力、実績、イデオロギー、野党の弱さ。総選挙で問われているのは与党が勝つかどうかではない。どこまで勝つかだ。

反モディ派の多くは公平な選挙ではないと主張する。現政権は野党指導者を恣意的に逮捕し、選挙管理委員会への影響力を強め、反対派を選挙で不利な立場に追い込んでいると、彼らは指摘する。

だが、それがなくてもBJPへの支持は圧倒的だ。野党への締め付けがなかったとしても、総選挙の結果はあまり変わらないかもしれない。

BJPは直近の州・地方レベルの選挙で、主要野党のインド国民会議派や地域政党に敗れている。それでも全国レベルで見れば、野党勢力はBJPに到底及ばない。

南アジアでは、モディとBJPほど長く政権を維持してきた例はほとんどない。

ネパールでは08年の王制廃止後、10回以上首相が交代。パキスタンは同年に軍事政権が終わってから、権力基盤の弱い連立政権が続いている。スリランカのウィクラマシンハ大統領は、前任者が反政府デモを受けて辞任した後、22年に就任したばかりだ。

09年から政権の座にあるバングラデシュのハシナ首相だけが、南アジアではモディ政権より長い。ただし、この国の選挙は国際的な選挙監視団から自由でも公正でもないとの評価を受けている。

モディ人気と、首相に対抗し得るカリスマ的指導者を出せない野党の現状を考えれば、モディが首相の座にある限り、政治的脅威に直面する可能性はほとんどなさそうだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎

ワールド

英裁判所、アサンジ被告の不服申し立て認める 米への

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏の逮捕状請求 ガザ戦犯容疑 ハ

ワールド

ウクライナ、北東部国境の町の6割を死守 激しい市街
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中