最新記事
ライフストーリー

衝撃の実話「私は銀行から大金を強奪した指名手配犯」死を前にした父が告白

My Fugitive Father

2024年4月12日(金)22時00分
アシュリー・ランデル(ポッドキャスト司会者)
女性と父

妻子に隠し続けた秘密を明かして間もなく、父は亡くなった COURTESY OF ASHLEY RANDELE

<仲が良かった父との関係が変わってしまった......。米ポッドキャスト司会者の手記>

あなたは誰かのことをどれくらい理解している? そう聞かれたら、数年前の私なら、誰にでも自分自身のようによく分かっている人が2、3人はいる、と答えていたと思う。

私にとって、「よく分かっている人」には父も含まれていた。だがそれも、父がこの米マサチューセッツ州の片田舎に身を潜める逃亡者だった、と判明するまでのことだ。

父と私はすごく仲が良かった。彼は自動車関係の仕事で大忙しだったが、私のためにいつでも時間をつくってくれた。私が大人になり、ニューヨークで1人暮らしを始めるとキャリアの相談に乗ったり、失恋したときはアイスクリームをおごったりしてくれた。

全てが一変したのは2021年の春。父は進行性の肺癌と診断され、私は介護のため実家に戻った。治療法はなく、もはや死は避けられなかった。

ある日、父は居間で突然言った。「話しておかなきゃならないことがある。ここに越して来た時、私は名前を変える必要があった。当局は今も私を捜しているはずだ」

その時は奇妙な冗談だと思ったが、翌日父と2人きりの時に、詳しく話してほしいと切り出した。父は苦しそうに打ち明けた。本当の名前はテッドだ。問い詰めると姓は「コンラッド」と答えた。

その夜遅く、テッド・コンラッドを検索した。オハイオ州クリーブランドの銀行の金庫室担当者だったが、袋いっぱいの現金を強奪して逃亡したという記事を読んで、ベッドから転げ落ちそうになった。

総額は現在の価値で180万ドル相当。重要指名手配犯の捜査番組でも取り上げられており、父の言うとおり米連邦保安局はまだ彼を捜していた。

翌日、秘密を知ってしまったと父に伝えた。彼が今の「トム・ランデル」になる前の人生を語り出した時、まるで初対面の人のように感じた。

父を守る最善の方法

父は私とは正反対の幼少期を過ごしたという。よそよそしい軍人の父親と、子供に無関心な母親。結局両親は離婚し、父は母親の再婚相手に虐げられた。高校卒業後は、実の父親が助教を勤めるニューハンプシャー州の大学に入学。だが父親の再婚相手に嫌われて父親に退学を強いられ、実家に戻ることに。地元の銀行に職を得た時は、一から出直すことを夢見ていたという。

私のポッドキャスト『逃亡者の父』で取材を進めるうち、父の事件が衝動的な犯行ではなかったことも判明した。父は家族に秘密を打ち明けてから約1カ月後に亡くなった。重荷から解放されて安堵したようだったが、私は打ちのめされた。亡くなる前に物事を解明できなかったからだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英CPI、4月は前年比+2.3% 予想ほど鈍化せず

ビジネス

中国人民銀、5月の融資拡大を金融機関に指示=関係筋

ビジネス

新発10年国債利回り1.0%に上昇、日銀正常化なら

ビジネス

S&P、ソフトバンクGの長期格付けを「BB+」に引
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中