最新記事
パキスタン

パキスタン「総選挙後の混乱、野党系が最多」は何を意味するか? 経済も治安も危険水域の国の行方

2024年2月13日(火)17時05分
アブドゥル・バシト(南洋理工大学〔シンガポール〕研究員)
パキスタン シャリフ元首相

北部の都市ラホールの投票所で投票する元首相のシャリフ(2月8日) NAVESH CHITRAKARーREUTERS

<これから連立政権が発足することになるが、軍の影響力がいっそう強くなるだろう。巨額の対外債務、深刻なインフレ、武装勢力の攻撃......。パキスタンは今、岐路に立たされている>

2月8日の総選挙をめぐる混乱と疑念の末に、パキスタンに弱い連立政権が誕生することになりそうだ。

開票が始まると、当初は野党のパキスタン正義運動(PTI)系の陣営が他陣営に大きなリードを保っていたが、選挙管理委員会が集計作業を一時停止。15時間後に結果発表が再開されると、得票状況は大きく変わっていた。

本稿執筆時点でまだ全ての議席が確定していないが、残り議席の動向に関係なく、PTI系が最大勢力になることは動かない。しかし、選挙管理委員会の集計停止を境に、PTI系のリードが大幅に縮小した。パキスタンの政治に強い影響力を振るってきた軍による不正を疑う声が強まっている。

そもそもPTIは、選挙戦に平等な条件で臨むことを許されなかった。創設者のカーン元首相は昨年8月以降収監されていて、党の活動家や支持者の多くも逮捕された。今回の選挙でも同党の候補者は無所属候補として立候補することを余儀なくされた。

それでも、事前の予想をはね返してPTI系の候補者が多くの議席を獲得した。有権者は軍の介入にはっきりとノーを突き付けたのである。

もしこうした有権者の強い意志が覆されれば、パキスタンの政治的混乱はさらに続くだろう。これまでの歴史上、5年の任期を全うした首相は1人もいない。

暫定内閣の下で実施された今回の選挙では、PTI系、シャリフ元首相率いるパキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)、そしてパキスタン人民党(PPP)という3大勢力は、いずれも単独では過半数の議席を獲得できなかった。その結果、連立政権が発足することになるが、政権の基盤は弱く、軍の影響力がいっそう強くなりそうだ。

しかし、いまパキスタンが置かれている経済的苦境を脱するには、国民に支持された強力な政府が必要とされる。

まず4月には、IMF(国際通貨基金)の融資プログラムが終了する(現在、IMFの30億ドルの融資により、パキスタンは債務不履行を回避できている)。3月には、新しい融資プログラムに向けた交渉を開始しなくてはならない。5月には、補助金の削減や税負担の増加を盛り込んだ新予算も打ち出す必要がある。

現在、パキスタンは巨額の対外債務を抱えている。総額2600億ドルの債務のうち、1160億ドルを対外債務が占めているのだ。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

大和証G、1―3月期経常利益は84%増 「4月も順

ビジネス

ソフトバンク、9月末の株主対象に株式10分割 株主

ビジネス

ゴールドマン・サックス証券、持田前社長の後任に居松

ビジネス

メルセデス、中国パートナーとの提携に投資継続 「戦
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 9

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 10

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中