最新記事
ウクライナ戦争

アフリカでも...ウクライナのドローンが、スーダンでロシア傭兵の車両3台を爆撃 黒煙上がる「記録映像」が公開

Ukrainian Drones Shown Hunting Russian Mercenaries in Africa

2024年2月6日(火)21時10分
イザベル・ヴァン・ブリューゲン
ドローンを操作するウクライナ兵

ドローンを操作するウクライナ兵(2023年3月8日、ドネツク州チャシフ・ヤル近郊) Stringer-REUTERS

<ウクライナ英字紙「キーウ・ポスト」が入手した、スーダンで撮影されたとみられる動画を公開>

ウクライナ軍は、アフリカのスーダンでロシアの傭兵を攻撃する作戦を数カ月にわたって実施しており、その武器にドローン(無人機)を使用していることを示す新たな映像が公開された。

【動画】ウクライナのドローン、スーダンでロシア傭兵の車両3台を爆破

キーウ・ポスト紙が先月30日に公開した1分ほどの動画は、ウクライナの特殊部隊にいる情報提供者から得たものだという。映像はスーダン国内でここ数週間のうちに撮影されたもので、具体的な撮影場所は明かされていないが、ウクライナのドローンがロシア傭兵の異なる3台の車両をそれぞれ別の攻撃で仕留める様子を映したものだと同紙は述べている。

特殊部隊に所属しているとされる情報提供者は同紙に対し、「スーダンにおけるロシアの傭兵と現地テロリストのパートナーたちを排除する取り組みは、ウクライナの特殊部隊によるものである可能性が高い」と話した。

ウクライナはスーダンでの攻撃を認めていないが、キーウ・ポストの報道によれば、ウクライナ軍は数カ月前からスーダンで活動しているという。本誌はロシア外務省とウクライナ外務省、およびスーダンの関係当局に電子メールでコメントを求めている。

キーウ・ポストはウクライナの安全保障・国防分野の情報筋の話を引用し、「この動画に映っているのはおそらくウクライナ国防省情報総局の特殊部隊の仕事だ」と伝えている。同人物によると、スーダンにいる民間軍事会社ワグネルの残党のほか、「現地のテロリストとロシアの特殊部隊」を「一掃」するための作戦が進行中だという。

2023年9月には、CNNの取材により、スーダンの首都近くで起きた一連のドローン攻撃と地上作戦の背後にウクライナの特殊部隊がいる公算が大きいことが明らかになった。この攻撃の標的になったスーダンの準軍事組織「即応支援部隊(RSF)」は、ワグネルの支援を受けているとみられている。

米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は2023年9月の分析のなかで、さまざまな情報筋が主張していることとして、故エフゲニー・プリゴジンの率いていたワグネルが、リビアを通じて、民政移管をめぐって争うスーダンの準軍事組織とその指導者モハメド・ハムダン・ダガロに軍事支援や装備を提供していると述べた。

「国際的な観測筋によれば、スーダンにおけるワグネルの主要な目的は、アフリカ3位の生産量を誇るスーダンの金をロシア政府が妨害なく利用できるようにすること、ウクライナでの戦争の資金を得ること、民政を回復することによってのみ可能となるポートスーダンへの海軍基地の建設にあるとされる」

(翻訳:ガリレオ)

20240423issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月23日号(4月16日発売)は「老人極貧社会 韓国」特集。老人貧困率は先進国最悪。過酷バイトに食料配給……繫栄から取り残され困窮する高齢者は日本の未来の姿

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

G7声明、日本の主張も踏まえ為替のコミット再確認=

ビジネス

訂正(発表者側の申し出・17日配信の記事)-トヨタ

ビジネス

UBS、新たな人員削減計画 クレディ・スイス統合で

ビジネス

G7財務相、イラン制裁やロシア凍結資産の活用で協力
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    【画像】【動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 3

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中