最新記事
米軍

ヨルダン米軍基地への無人機攻撃で3人死亡は「米軍側の戦略的ミス」

Military Expert: US Troops Killed in Jordan Were Vulnerable to Attack

2024年1月29日(月)17時44分
ゲイブ・ウィズナント
バイデン米大統領

シリアと国境を接するヨルダン北東部の米軍基地にドローン(無人機)による攻撃があり、米兵3人が死亡したほか、数十人が負傷した可能性がある。バイデン米大統領(写真)と米政府当局者らが28日に明らかにした。写真は27日、サウスカロライナ州コロンビアで撮影(2024年 ロイター/Tom Brenner)

<イランと戦う事態を避けるためにも、米軍は守りを固め、今回のように弱点を突かれて被害を出すようなことがないようにしなければならない、と軍事専門家は言う>

米陸軍のダニエル・デービス退役中佐は1月28日午後、フォックス・ニュース・ライブに軍事専門家として出演し、司会者のアーセル・ネビルに、無人機攻撃でヨルダン駐留の米軍部隊に死者が出たことは、「戦略的な弱点」を突かれたことを示していると語った。

デービスが指摘したのは、1月27日に中東におけるアメリカの同盟国であるヨルダンにある米軍基地がドローンの攻撃を受け、米軍兵士3人が死亡、数十人が負傷した事件のことだ。2023年10月にパレスチナのガザ地区でイスラエルとハマスによる戦闘が始まって以来、中東で米軍に死者が出るのはこれが初めてとなる。


ジョー・バイデン大統領は、ヨルダンのシリア国境付近に駐留する米軍部隊に対して27日の夜に攻撃が行われたことを発表、イランに支援された過激派グループの仕業だと非難した。

バイデンは、ホワイトハウスが発表した声明の中で、「今のところ、この攻撃の事実に関する情報を収集中だが、シリアとイラクで活動する親イラン過激派集団による犯行であることは分かっている」と述べた。「われわれは犠牲者の責務を引き継ぎ、テロと闘っていく。疑いの余地なく、われわれが選んだ時期と手段で、この犯行に関わる者すべてに対して責任を追及していく」。

攻撃に弱い地理的問題

ワシントンのシンクタンク、ディフェンス・プライオリティーズの上級研究員であるデービスは、先日の攻撃で死傷者を出した部隊の所在について疑問を呈した。

「イラクとシリアの周辺に部隊を散開させ、さらにヨルダンにも部隊を駐留させるのは無意味だ。なぜなら、これらの基地はアメリカ陸軍にとって何の役にも立たないからだ」と、デービスは言った。「彼らは戦略的な弱点となる。米軍部隊がイランに支援された勢力にとって攻撃しやすい駒として利用されている。今回、それが現実になった」

デービスはこう付け加えた。「もっと装備が充実して、身を守りやすい場所に、米軍部隊を配置しなおす必要がある。そのうえで外交問題を考えればいい」

1月28日午後の時点で、CNNはこの攻撃で「30人以上」の米軍兵士が負傷したと伝えている。

ホワイトハウスの報道部は記者団に対し、バイデンは28日の朝、ロイド・オースティン国防長官、ジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、ジョン・ファイナー大統領副補佐官から、この攻撃について説明を受けたと述べた。

28日午後、本誌がコメントを求めたところ、国防総省(DOD)は死傷者を確認し、電子メールで「遺族への配慮と国防総省の方針に従い、近親者への通知後24時間経過するまで、軍人の身元は伏せる」と述べた。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アルメニア、ロシア主導軍事同盟への参加凍結=首相

ワールド

メキシコGDP、第4四半期0.1%増に鈍化 利下げ

ビジネス

トヨタ、国内2工場2ライン稼働停止を3月1日まで継

ビジネス

FRB理事発言で利下げ時期後ずれ、GSは5月予想取
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 3

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答えた

  • 4

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 7

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 8

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 9

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 10

    「くまのプーさん」だけじゃない習近平のあだ名、そ…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中