最新記事
北朝鮮

北朝鮮の「プリンセス」キム・ジュエ、栄養失調の国民よそに仏高級ブランドまとう

2023年3月23日(木)20時37分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
金正恩と娘の金主愛(キム・ジュエ)

10歳にしてディオールを着こなす金主愛(キム・ジュエ) YTN / YouTube

<最近、秘密のベールから姿を見せはじめた少女は新たな独裁者か>

食糧難が深刻で多くの国民が栄養失調に苦しんでいる北朝鮮。だが、金正恩国務委員長の娘、金主愛(キム・ジュエ)にとっては、そんな国民の貧困は全く預かり知らないようで、公開された写真からはクリスチャン・ディオールのコートを来ていることが判明した。イーデイリー、YTNなどの韓国メディアが報じている。

3月16日、北朝鮮の朝鮮中央TVは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、火星17型を発射した翌日の17日、金正恩と娘のジュエが同行した写真を公開した。

このときジュエが着た黒いコートはフランスのクリスチャン・ディオールのものであることが分かった。フードが付いたこのコートはディオールの「キッズ・フード・ダウンジャケット」で、四角と菱形が重なったディオール特有のデザインが特徴だ。

これまでジュエは金ボタンの付いた黒のロングコートを着ていたが、今回初めて欧米のハイブランドの服を着た姿が確認された。

両親とも欧米の高級ブランドが大好き!?

ジュエの欧米の高級ブランドが好きなのは両親譲りなのかもしれない。金正恩の夫人李雪主(リ・ソルジュ)も数百万ウォンするディオールのハンドバックやティファニーのネックレスを付け、グッチやベルサーチのワンピースを着ることがたびたび目撃されている。

金正恩自身も2020年10月10日の党創建75周年記念閲兵式では、「人民に災難を乗り越えよう」と演説し、と演説し、愛民国民を愛する指導者像を演出をしたが、その日140万円もするスイスIWCのポートフィノ・オートマティック腕時計を付けていたことが確認され、海外メディアから批判された。

北朝鮮は国民には国産品の使用を奨励している。ブランドものの時計や洋服、アクセサリーなどの贅沢品は対北朝鮮制裁品目でもある。このような状況にあっても、今回のジュエの写真を通じて金一族が高級ブランド品の浪費を継続している姿が再び確認されたことになる。

韓国統一研究院のチョン·ウニ研究委員は「ブランド品かどうかは不確実だが、一応高級で洗練されたファッションとみられる」としたうえで、「一部反感もあり得るが、北朝鮮でも女性が経済的主体として影響力が大きくなっている状況で、羨望の対象としてキム・ジュエ氏を位置づける狙いがあるのかもしれない」と分析した。

一方、エリザベス・サルモン国連北朝鮮人権特別報告官は3月9日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に提出した報告書によると、北朝鮮では食糧難が深刻になり、全人口の42%くらいが栄養失調に苦しんでいることが把握された。

報告書では2019年から2021年の間に北朝鮮の人口の41.6%は、栄養失調で苦痛を強いられたものと推定され、「大半の家庭では一日三食を食べることが贅沢なものとなった」と明らかにしている。

>>【動画】世界でただ一人、金正恩の顔を撫でまわす女

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中