最新記事

スポーツ

子ども40人以上含む135人が亡くなったサッカー場圧死事件、初公判は異例の非公開に

2023年1月19日(木)19時36分
大塚智彦

カンジュルハン・スタジアムで起きた事件では40人以上の子どもを含む135人の死者が出た REUTERS TV

<フーリガンの乱入などを警戒した公判は誰のためのものか>

2022年10月1日にインドネシア東ジャワ州マランのサッカースタジアムで40人以上の子どもを含む135人の死者が出た圧死事件。その初公判が1月16日に同州州都スラバヤの地方裁判所で始まった。

裁判では過失罪に問われた被告5人全員が無罪を主張するとともに審理は非公開となり、犠牲者の家族などからは「密室裁判」だとの非難の声が上がる事態になっている。

マランの「カンジュルハン・スタジアム」で起きた事件は、試合終了後にピッチに乱入したファンに対し警察が催涙弾を発射。ファンが狭い出口に殺到したことで被害が拡大したとされる。こうしたことからジョコ・ウィドド大統領が重大事件と認識し、真相解明と責任の所在を明らかにして再発防止を徹底するよう関係機関に指示した。

国際サッカー連盟(FIFA)もサッカー史上2番目の犠牲者を出した事件を重くみて、FIFAの出先機関をインドネシアに設置することを発表。インドネシアのサッカー事情やスタジアムの環境、設備さらに警備のあり方の「変革」を見守ることになっている。

被告5人そろって無罪主張

16日に行われた初公判は本来マランの裁判所で開廷する予定だったが、地元のサッカーファンが殺到する恐れがあるなどの理由で約80キロ離れたスラバヤの地裁での裁判となったという。そのうえでスラバヤ地裁周辺、裁判所内には武装した警察官による厳重な警備体制がとられ、立ち入りが厳しく制限された。

初公判には被告側弁護人が出廷し、被告5人は別の場所からオンラインでの参加となった。5人の被告は事故当時警備に当たった責任者など警察官3人とスタジアムとチームの警備責任者2人の計5人で、問われている過失罪での有罪判決が下されれば最大で禁固5年の刑が科されることになる。

弁護人によると罪状認否で5人は全員が無罪を主張した。

初公判は報道関係者の立ち入りが禁止されたほか、犠牲となったサッカーファンの遺族をはじめ一般の傍聴も許されず、裁判官、検察官、弁護人その他の裁判関係者以外は法廷に入れないという異常な事態の中で審理が行われた。

インドネシアの人権団体「行方不明者と暴力犠牲者のための委員会(Kontras)」はこうした裁判所の厳しい警備を「明らかに行き過ぎだ」と批判している。

インドネシアの裁判は通常、関係者や一般人の傍聴が可能で、テレビ・新聞などの報道陣も自由な取材が認められ、被告の撮影、裁判の実況中継までも許されているのが通常の状況である。

このため犠牲者の遺族まで傍聴が許されないという今回の初公判については、人権団体や遺族からは「暗黒裁判だ」「厳重な警備は誰から誰を守ろうとしているのか」「裁判の透明性が疑われる」などの不満や批判が沸き起こっている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

トルコでM7.9の地震、少なくとも10人死亡 シリ

ビジネス

前場の日経平均は続伸 緩和修正思惑が後退、輸出株な

ワールド

そのような事実ない=雨宮氏に日銀総裁打診報道で磯崎

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月