最新記事

北朝鮮

アメリカには北朝鮮のミサイルを迎撃できる自信がない

Can the U.S. stop a nuclear attack? North Korea tests were simulation

2022年11月8日(火)18時21分
ニック・モドワネック

北朝鮮の最近のミサイル発射実験(日時、場所とも不明) North Korea's Korean Central News Agency (KCNA)

<北朝鮮がICBMの大気圏再突入実験にまだ成功していないか、体制にさえ維持できれば撃ってこないことを祈るばかりなのか>

北朝鮮は11月2日、1日で23発のミサイルを発射した。最近のミサイル発射実験の異例の頻度は世界の注目を集めている。一部の当局者や専門家は、一連の実験は7回目の核実験の実施が近づいている可能性を示すものと受け止めている。

ロイター通信は11月7日、北朝鮮による短距離弾道ミサイルおよび大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射は、アメリカと韓国の空軍基地や戦闘機、主要都市に対する攻撃を想定したシミュレーションだという北朝鮮の主張を報じた。

このシミュレーションは、10月末〜11月5日まで行われた米韓合同軍事演習「ビジラント・ストーム」に対抗して北朝鮮が実施したものだ。米国防総省のサブリナ・シン副報道官によれば、同演習は「米韓同盟の強化だけではなく」その強さを示すことも目的だという。

北朝鮮は同演習について、「国際的な緊張をエスカレートさせることを目的とした、あからさまな挑発」であり「きわめて好戦的な、危険な戦争演習」だと非難した。

米国家安全保障会議のジョン・カービー戦略広報調整官は先週、本誌に対し、「北朝鮮は一貫して我々の懸念対象だ」と述べ、北朝鮮の行動をこれまで以上に把握できるように、「朝鮮半島沖での諜報活動」を強化していると述べていた。ホワイトハウスは、北朝鮮がすぐにも7回目の核実験を行う可能性があると警告している。

「米軍の拡大抑止は揺るぎない」

こうしたなか、ロイド・オースティン米国防長官と韓国の李鐘燮国防省が3日に会談を行い、北朝鮮に対する米韓の団結を強調した。

オースティンは会談後の記者会見で「緊張が高まっているが、米韓の同盟は強固だ」と述べた。「アメリカは引き続き韓国の防衛に全力を尽くしていく。米国の核兵器や通常兵器、ミサイル防衛などを駆使して、同盟国に対する攻撃を思いとどまらせる拡大抑止は、揺るぎないものだ」

戦略国際問題研究所の国際安全保障プログラム研究員でミサイル防衛プロジェクト副局長であるイアン・ウィリアムズは、「今回の対応は、これまで見たなかで最も重大な北朝鮮による武力の行使だ」と本誌に述べた。

ウィリアムズは、そのタイミングと政治的な意味合いについて、北朝鮮は戦略的抑止力の構築を目指していると指摘。それも過去の、たとえば故・金正日時代の「どちらかといえば誇示するための」抑止力とは異なり、実際に機能する抑止力だ。

「彼らが西側諸国から具体的に何かを得ようと狙っている訳ではないと思う」とウィリアムズは言う。「彼らの目的は、本物の戦略的抑止力を構築することによって体制を維持することだ。必ずしも戦争に勝つ必要はなく、相手に十分なダメージをもたらす保持することで、敵からの攻撃と体制転換の試みを抑止することだ」

【動画】北朝鮮がキレた、過去最大の米韓空軍合同演習「ビジラント・ストーム」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米国務長官、訪中を延期 中国偵察気球は「無責任な行

ビジネス

グーグル、AI新興企業に3億ドル投資=FT

ワールド

再送-バイデン氏、米国務長官の訪中延期に同意 偵察

ビジネス

FRB、3月に0.25%利上げへ 米雇用統計受け=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 5

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 6

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 9

    プーチン邸に防空システム配備、と報道。西側の長距…

  • 10

    建設現場に若手が足りない......未来の日本では道路…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月