最新記事

ロシア

予備役動員でプーチンが反故にした「戦争の条件」

Putin's Speech Abandons Years-Long Political Strategy

2022年9月22日(木)19時48分
ニック・レイノルズ

ロシア軍の指導層は、招集されるのは予備役30万人程度にすぎないと述べている。しかし米シンクタンク・戦争研究所の推定ではロシアの徴兵対象者はざっと200万人に上り、理屈の上では今度の大統領令でその全員が動員できることになる。ただし、彼らの中には本格的な軍事訓練を受けた者や実戦経験がある者はほとんどいない。

ロシアでは徴兵で常時最大10万人の男性が1年間の兵役に就いているが、職業軍人を目指す者はごくわずかだ。西側の報道によれば、ウクライナ侵攻後ロシアは新兵募集を大々的に行なっているものの、結果は振るわず、やむなく病気や負傷のため野戦病院などで治療中の兵士を再び前線に送り出しているという。

軍事作戦は国民に影響を与えないように行うこと──それが「就任初期に打ち出した、プーチンの元々の政治哲学の柱の1つだった」と、ロシア政府寄りの政治アナリスト、セルゲイ・マルコフはこの夏ニューヨーク・タイムズに語った。「(ウクライナに対する)特別軍事作戦も、理想的には国民に気づかれないように行うべきで、国民生活にほとんど影響を与えないはずだった」

だが現実はそう甘くなかった。

予備役の国外脱出を防ぐ?

プーチンのテレビ演説後まもなく、ロシアから国外に向かう多くの航空便が運航中止になった。オランダの首都アムステルダムに拠点を置くロシアの独立系オンラインメディア、モスクワ・タイムズの21日の報道によれば、徴兵対象者の国外脱出を防ぐための措置ではないかと噂されているという。さらに、当局の厳しい弾圧にもかかわらず、はロシア各地で大統領令に抗議する集会が行われた。

「プーチンのために死ぬ必要はない」と、ロシアの反戦組織「ビスナ青年民主運動」は21日に声明を出した。「君は君を愛する人々のためにロシアで必要とされている。当局にとっては、君はただの使い捨ての兵士にすぎない。(招集に応じれば)何の大義も目的もなしに、無駄死にするだけだ」

ロシアの人権派調査機関・OVD-infoによると、21日夕方までに反戦を訴えて逮捕された市民が全土で1200人近く確認されたという。抗議運動の広がりに伴い、今後はるかに多くの逮捕者が出るとみられる。

 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レヴィーンの「お相手」たち

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月