最新記事

歌手

「スパイス・ガールズ」メンバー、初ライブの前夜に性的暴行を受けていたことを告白

Spice Girls Member Reveals She Was Sexually Assaulted Night Before Their First-Ever Concert

2022年9月17日(土)06時26分
ビアン・ブログ

@melaniecmusic/Instagram

<大人気グループ「スパイス・ガールズ」の一員として活躍していたメルCが、若かりし頃に受けた性的暴行の経験をポッドキャストで明かした>

1994年に結成され、世界的な大ヒットを飛ばしたポップグループ「スパイス・ガールズ」。そのメンバーで歌手のメラニー・チズムは、スパイス・ガールズとして初めてライブパフォーマンスを行った日の前夜に、性的暴行を受けていたことを明らかにした。

■【写真】1997年当時と、現在のメラニー・チズムの姿

通称「メルC」として知られるチズムは、ポッドキャスト「ハウ・トゥー・フェイル」のインタビューで、トルコのイスタンブールで初めてステージに立つ前にマッサージを受けたとき、性的暴行をされたと語った。

チズムは、初めての本格的なコンサートでライブパフォーマンスを行うことに気がたかぶり、大舞台の前に自分へのご褒美としてマッサージを受けようと考えた。しかし、事態は一転。マッサージ師から性的暴行を受けたのだが、その時の彼女は何もできなかったという。

「それまではすべてが、ずっとやりたかったこと、なりたかったものという頂点に向かっていた」とチズムは振り返る。「私の原動力はステージに立つこと、パフォーマーであることなので、スパイス・ガールズとして初めてのショーの前夜、ホテルでマッサージを受けることにした」

「そして、私の身に起きたことについて、私はすぐに葬り去った。ほかに集中すべきことがあったから。大騒ぎしたくないとも思ったが、同時に、対処する時間もなかった」

そのひどい体験にすぐに対処しなかったせいか、その夜のことは、心の奥深くに「何年も何年も何年も」埋もれていた、とチズムは語る。9月15日に出版された自伝「Who I Am」を書くまで、その夜について考えることはなかった、とチズムは話している。

公表することは私にとって重要だと考えた

「あるとき、夢のなかで出てきた。あるいは、ちょっと目が覚めたときに思い出したのかもしれない。『ああ、あのことを本に書こうとは、思ってもいなかったんだ』という感じだった」とチズムは話す。

「それから、もちろん考える必要があった。『果たしてこれを公表したいのか?』についてね。そして私にとって、それを口にすること、最終的に対処して処理することは、実はとても重要だと考えた」

チズムは、当時の状況は性的暴行としては「軽め」なもので、「そこまで最悪ではなかった」が、自分の人生に大きな衝撃を残したと語っている。

「自分は侵害されたと感じた。自分がとても無力に感じ、恥ずかしいと思った。そして、どうすべきかよくわからなかった。『これでいいのだろうか? 何が起きているんだろう?』という感じだった。私は専門家と一緒にいて、服を脱いでいるという状態だったから」とチズムは説明した。
(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英政府と中銀、政策上の食い違いない─財務相=FT紙

ワールド

中国と安定した関係目指す、ウクライナ危機解決に貢献

ワールド

米国務長官、台湾安定の重要性強調 中国外相「危険な

ビジネス

アングル:ドイツを襲うエネルギー危機、広がる企業倒

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    米オクラホマの刑務所、童謡を繰り返し聞かせる「拷問…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり漏洩 記念撮影で

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月