最新記事

テニス

ウィンブルドンの試合直前「透ける」とブラを替えさせられた!

Wimbledon Player Mihaela Buzărnescu Forced to Change Bra Before Match

2022年7月7日(木)16時19分
メーガン・カートライト

満身創痍で戦う選手のブラに何か問題が?写真は2回戦のブザルネスク Susan Mullane-USA TODAY Sports

<伝統の大会の厳しいドレスコードのおかげで、急遽、コーチのブラを借りなければならなかったほどの一大事とは?>

テニスのウィンブルドン選手権に出場しているルーマニアのスター選手、ミハエラ・ブザルネスクが、1回戦の試合前に下着を着替えるよう命じられる一幕があった。大会のドレスコードに違反しているという理由からだ。1回戦、ドイツのナスターシャ・シュンクとの試合開始直前に、大会側の監督責任者が違反に気づいた。

ブザルネスクは試合後、スポーツ専門メディア「ユーロスポーツ」とのインタビューの中で経緯を明かした。「スポーツブラの色が黒すぎて、(胸のあたりを指して)このあたりが(ウェアの上から透けて)見える可能性があるから着替えるよう指示された」と語った。

「持っていた白いスポーツブラのほうは、(胸が)透けて見えるタイプのものだったから着られなかった。結局、コーチのスポーツブラを借りた」と彼女は笑い、「問題なかったからいい」と述べた。

ウィンブルドン選手権では、出場選手は練習時も試合の際も、厳しいドレスコードに従わなければならない。このドレスコードでは、男子・女子を問わず全ての選手は、下着を含めて「全身白」を身に着けることが義務づけられている。

厳しいドレスコードに賛否の声

大会のドレスコードには、「出場選手の服装はテニスにふさわしい、ほぼ完全に白の装いでなければならない。これは選手がコートに入った時点から適用される」と書かれており、しかも「オフホワイトやクリーム色は白に含まれない」との注意書きがある。

既定にはさらに、「プレー中に観客から見える、あるいは(汗をかいたなどの理由で)透けて見える可能性がある下着も、幅1センチ以内の縁取り以外は完全な白でなければならない」と定め、こう続けている。「白以外のの色で塗りつぶされた部分があってはならない。ネックラインと袖口に一本線の縁取りがあるものは許容されるが、いずれも幅は1センチまででなければならない」

小さなロゴや縁取りはかろうじてOK @MikiBuzarnescu/INSTAGRAM


シューズや帽子、ヘッドバンド、リストバンドやソックスも全て白でなければならない。

ウィンブルドン以外ならカラフルもあり  @MikiBuzarnescu/INSTAGRAM

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

賃上げ実現へ労働市場流動化、学び直し支援1兆円=総

ワールド

G7、ロシア産原油・石油製品に3段階で価格上限導入

ビジネス

英首相、福祉手当削減の可能性否定せず 減税の財源確

ワールド

Jアラート、対象でない東京都島しょ部含まれ原因調査

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪でマルグレーテ女王への不満

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    トランプ演説の間に途中で帰る人が続出!?の異常事態

  • 8

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 8

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 9

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 10

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月