最新記事

火星

火星に春を告げる、青い噴出物 NASAの探査衛星MROが捉える

2022年7月6日(水)16時16分
青葉やまと

「地表を覆う透明なドライアイスの層に噴気孔が空き、ガスの逃げ道をつくる」...... credit: NASA/JPL-Caltech/UArizona

<ドライアイスの層が溶け、毎年春になると噴出物が巻き上がる>

地面から噴き出す煙は、火星の春の風物詩となっているようだ。NASAは6月27日、火星周回探査機「マーズ・リコネサンス・オービター(MRO)」が捉えた火星表面の画像を公開した。

写真に収められた黒と青のパターンは、火星で毎年春に起きる噴出現象の証だ。地表の数箇所に孔が空き、色素が扇状に沈着している。孔からの噴出物が風で運ばれ、地表に堆積したものだ。

「火星の春」とは耳慣れないことばだが、火星には四季がある。公転周期が長く、火星の1年は地球の687日に相当することから、地球の約2倍の時間をかけて季節が変化している。撮影が行われた3月、このエリアは春を迎えていた。

NASAは「地表を覆う透明なドライアイスの層に噴気孔が空き、ガスの逃げ道をつくるという、春の活動が観察できます」と解説している。春になると気温の上昇に伴ってドライアイスが昇華し、気体となることで体積が急激に膨張する。層の下部で圧力を増した気体の二酸化炭素が、層を突き破り孔から噴出するという現象だ。

このとき、高く噴出した気体は、地表付近の堆積物を空中に吹き上げる。黒みを帯びた粒子が空中に舞い上がり、火星の風によって運ばれてから付近に扇状に降着する。これがユニークな模様の正体だ。降着物の一部はドライアイス内部に再び染み込み、このとき色は明るいブルーに変化する。

噴出スポットは少なくとも数百ヶ所

カラー画像だけでも数個の噴気孔が捉えられているが、別途公開されている白黒の画像には、200〜300ヶ所の孔が収められている。この画像で確認できるだけでも、非常に多数のスポットからガスが噴出している模様だ。

ひとつのポイントから複数の方向に模様が広がっている箇所は、風向きが変わってから再び孔が開いたことを意味する。噴出が止むとその孔は一時的に閉じるが、再び同じ場所からガスが噴き上げることが多い。

なお、吹き上がる堆積物の由来について、MRO搭載の光学観測機器「HiRISE(ハイライズ)」を運用する米アリゾナ大学の月・惑星研究所は、ドライアイスの層の下に眠っていた物質である可能性が高いと分析している。

地面のひび割れも、季節の変化で発達

今回公開された写真ではまた、地表に刻まれたマスクメロンのような網目模様が目を引く。この独特なパターンも、ドライアイスの層によって生み出されたようだ。

BizarreMarsRegion2.jpg

(NASA/JPL)


火星の土壌は、氷を含んでいる。季節や昼夜の変化によって温度が変わることで氷は収縮・拡大し、これが表土に亀裂を生じる。こうして生じるヒビ自体は単純な形状だが、春の期間にドライアイスが昇華することで、亀裂をさらに侵食する。歪みと細かなひび割れが加わり、より複雑な模様が発達してゆくことになる。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ氏大口献金者メロン氏、無所属ケネディ氏に追

ビジネス

米ターゲット、5000品目を値下げへ 買い物客呼び

ビジネス

JPモルガン、純金利収入予想引き上げ 軟着陸想定も

ビジネス

米レッドロブスター、連邦破産法11条の適用を申請
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 10

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 9

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中