最新記事

火星

火星にある「人の目」状クレーター、探査衛星が捉える 「血管」部分は川の痕跡

2022年6月22日(水)19時30分
青葉やまと

火星探査衛星「マーズ・エクスプレス」がとらえたクレーター  (ESA/DLR/FU Berlin)

<火星には約40億年前から、巨大な片目クレーターが刻まれていた>

欧州宇宙機関(ESA)の火星探査衛星「マーズ・エクスプレス」が、人間の目のように見える火星のクレーターを捉えた。この奇妙な形のクレーターは、地球上に最初の生命が誕生するかしないかという大昔から、ずっと火星の地に横たわっていたようだ。

クレーターは直径30キロに及ぶ巨大なもので、火星の南半球にある「アオニア大陸」に位置する。山手線の直径(東京駅・新宿駅間)が約10キロであるため、その3倍となる。

今年4月25日、ESAのマーズ・エクスプレスがこのクレーターの画像を捉えると、そこにはまるで人間の片目のような形状が写されていた。6月に入って画像が掲載され、海外でその独特な外観が話題となっている。

クレーター中央の黒い窪みが瞳を思わせるほか、クレーターのリム(縁)の形状も独特だ。真円ではなくラグビーボール様に扁平しており、これも上まぶたと下まぶたに囲まれた目を思わせる。

ESAは『火星は片目を開けて寝ている』との記事を公開し、興味深い地形として紹介している。ちなみに「片目を開けて寝る」とは、寝るときでさえ用心を怠らないという意味の慣用句だ。こうした興味深い形状をもつクレーターだが、まだ独自の名前は付けられていない。

Topography_of_Aonia_Terra.jpeg

マーズ・エクスプレスのデータから編集された、この地域の地形図 (ESA/DLR/FU Berlin)


無数の筋は水の痕跡の可能性

クレーター周囲には無数の筋が走っており、まるで人の血管のようにもみえる。科学者たちはこの血管状の筋について、40〜35億年ほど前に液体の水が流れていた痕跡ではないかと考えている。

筋は場所によってやや暗い色を帯びていたり、周囲の地面よりも盛り上がっていたりする箇所がある。ESAはこの理由について、たとえば水底の一部に土砂が沈殿しており、その部分が流水による侵食を免れたのではないかと推測している。あるいは火星の長い歴史のなかで溶岩が流れ込み焦がされた可能性など、さまざまなシナリオが考えられるという。

このほかクレーター内には、ビュートと呼ばれる地形があることも確認された。ビュートとは周囲が侵食されたため局所的に残った丘のことで、地球上でもアメリカのモニュメント・バレーのビュートなどが有名だ。今回のクレーター内部にはこうしたビュートのほか、瞳のような黒い部分に砂丘のような隆起があるなど、独特な地形が多くみつかっている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ジュールの電子たばこ販売禁止、裁判所が執行一時停止

ワールド

猶予期間終了のロシア・ユーロ債、台湾保有者が利払い

ビジネス

米下院のミーム株報告書、SECなど当局に規制強化の

ワールド

米、ウクライナ向けミサイル防衛システム購入を今週発

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月