最新記事

サル痘

サル痘の流行は「ウクライナ支援国」のゲイばかりと、ロシア国営TVで嘲笑

Russian State TV Mocks Other Countries Suffering Monkeypox Outbreak

2022年5月27日(金)17時16分
イザベル・バン・ブリューゲン

一方、ロシア大統領ウラジーミル・プーチンが2月24日にウクライナに侵攻して以来、軍事同盟の北大西洋条約機構(NATO)加盟国は、武器を提供するなどの軍事面でウクライナを支援している。当然ながら、感染が確認された国々すべてが、ウクライナに軍事支援を行なっている国と合致するわけではない。

NATOに加盟しているのは、欧州28カ国とアメリカ、カナダの計30か国だ。米上院は5月19日、400億ドルを超えるウクライナ支援を定めた法案を可決した。これにより、継続中のウクライナ戦争に対するバイデン政権の支援総額はおよそ540億ドルに達する。4月28日時点で、欧州連合(EU)加盟国の多くを含む31カ国が、ロシアによる侵攻を受けたウクライナに軍事支援を行っている。

サル痘の感染がこれまで確認された国々は、オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ポルトガル、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、イスラエル、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、カナダ、アメリカ、オーストラリアだ。

「ロシアでは集団免疫ができている」

ロシア国営テレビの番組でジュラフリョフは、ロシアでは「サル痘の感染者はいない。ただのひとりも」と言い、これを聞いた司会者らは愉快そうに笑い声をあげた。

ロシアの衛生監視当局は5月23日、「ロシアでは、かつて天然痘ワクチンの集団接種が行なわれていた」ため、サル痘に対する集団免疫ができていると述べ、1980年代まで同国で行なわれていた天然痘ワクチンの強制予防接種に言及した。

「かつて天然痘ワクチンの接種が行なわれていたため、サル痘感染による重症化リスクは低減する。すべてのポックスウイルスには高い交差防御力があるからだ」と衛生監視当局は述べている。「ロシアでは集団免疫ができており、サル痘の感染拡大は抑制される」

サル痘は1970年に、コンゴ民主共和国(当時のザイール)に住む子ども1名の感染で初確認された。WHOによるとサル痘ウイルスは、傷口や体液、呼吸器飛沫のほか、寝具などの汚染した物質を介して感染する。潜伏期間は通常6日から13日だが、場合によっては、5日から21日と幅がある。

症状としては、皮膚病変、頭痛、筋肉痛などの体の痛み、発熱、リンパ節膨張、強い倦怠感などがある、とWHOは述べている。とはいえ、新型コロナウイルスのように、一般市民に爆発的に感染が広がるリスクは低いとされている。
(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ジュリアーニ氏らアリゾナ州大陪審が起訴、20年大統

ビジネス

トヨタ、23年度は世界販売・生産が過去最高 HV好

ビジネス

EVポールスター、中国以外で生産加速 EU・中国の

ワールド

東南アジア4カ国からの太陽光パネルに米の関税発動要
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 7

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中