最新記事

英王室

「キスの仕方」に露骨に表れたメーガンのハリー「支配」...結婚前との明確な違い

Meghan Markle Showed 'Dominance' During Public Kiss With Prince Harry, Expert Claims

2022年5月27日(金)18時35分
キャサリン・アルメシン
メーガン妃とハリー王子

@harrysussex_/Twitter

<メーガンが主導権を握り、ハリーに対して「母親」のように夫の世話をしていることが伺えるとボディランゲージの専門家が分析>

最近、ハリー英王子とメーガン妃が公の場で交わしたキスの様子は、以前とは2人の「力関係が大きく変わった」ことを示していると、ボディランゲージの専門家が指摘している。

ハリーは5月22日、米カリフォルニア州にあるサンタバーバラ・ポロ&ラケット・クラブで開かれたポロの試合に、友人のチーム「ロス・パドレス」の一員として出場。チームが「ライル・ニクソン・メモリアル杯」を獲得したこと受け、メーガンが表彰式でハリーに祝福のキスを贈った。

@harrysussex_/Twitter


ボディランゲージの専門家であるジュディ・ジェームズは、この時の2人の様子について、この「イチャイチャ」からはメーガンが「支配的な立場」にあることが伺えると分析した。

ハリーとメーガンは、結婚からわずか数週間後の2018年7月にも、チャリティーのポロの試合で印象的なキスを交わしたが、ジェームズは、今回のキスは「(あの頃とは)大きく異なる力関係」を表していたと指摘した。

「(2018年の)キスは情熱的なキスで、メーガンはとても受け身だった」と彼女はGBニュースに語った。「とても長いキスで、『部屋を取りましょうか』という感じだった。愛を感じるセクシャルなキスだった。それと比べて先日のポロの試合後のキスは、力関係の大きな変化が伺えた」

「以前よりも支配的で主導権を握っている」

ジェームズは今回のキスについて、ハリーは「今回も情熱的なキスをしようと、あの時と同じように身をかがめ、妻の腰に手をまわして顔を近づけた」と説明。しかし今回はメーガンが「大きな主導権を握っていて、操縦モード」だったように感じたと述べた。

「メーガンはハリーの顔に両手を添えて、それをあまり情熱的ではないキスに変えた。挨拶程度の軽いキスという感じに」とジェームズは主張し、さらにこう続けた。「私がいいと思ったのは、それでも彼女が夫の顔についた口紅を、大勢の人の前で、まるで親のように拭い取ってあげていたことだ」

ジェームズは、ハリーの顔から口紅を拭き取ったメーガンの動作は「とても母性的」だと述べ、メーガンが母親のように夫の世話をしているように感じたと説明した。「メーガンは今も以前と同じように夫に愛情を抱いているが、以前よりもずっと支配的で、主導権を握るようになっている」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トランプ氏復権、バイデン氏続投より債券に弱気=ビル

ワールド

ラファにイスラエル軍の空爆、パレスチナ人少なくとも

ワールド

トランプ氏がリバタリアン党大会で演説、ブーイング浴

ワールド

リトアニア大統領選決選、現職ナウセーダ氏が勝利宣言
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中