注目のキーワード

最新記事

ウクライナ戦況

ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

Russia Likely Lost 'One Third' of Ground Force in Ukraine: UK Defense

2022年5月16日(月)17時09分
ジェイソン・レモン

無能の証明? ロシアの軍事ブロガーも呆れたドネツ川の渡河失敗現場(5月12日、ウクライナ軍発表) Ukrainian Airborne Forces Command/REUTERS

<ロシア国内の軍事ブロガーの間でも無能ぶりに厳しい声が上がり始めた>

イギリス国防省は5月15日に出した報告書の中で、ロシア軍は2月のウクライナ侵攻開始時に投入した地上戦力のうち、「3分の1」を失った可能性が高いと指摘した。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナに対し、一方的に大規模攻撃を仕掛けたのは2月24日のこと。国際社会からはすぐに批判と反発が巻き起こった。プーチンは当初、短期間の内にウクライナの領土の大半を占領し、同国政府を転覆させることができると考えていたと伝えられるが、ロシア軍は大都市一つもろくに占領できずにいるし、主な目標もほぼ達成できないままだ。

「ロシアは2月に投入した地上戦闘兵力の3分の1を失った可能性が高い」と英国防省はツイッターに投稿した。

「ロシア軍は支援能力の低下や低迷する士気、戦闘効率の低下に苦しんでいる。こうした能力の多くは交代や立て直しですぐに対応するわけにはいかず、今後もウクライナにおけるロシア軍の作戦の足を引っ張り続けるだろう」と報告書には書かれている。

侵攻直後の失敗を受け、ロシアは3月下旬に戦略を変更、ウクライナ東部のドンバス地方に戦力を集中した。だがそれでも、目標の達成は難しいことが明らかになっている。

失敗を認めないロシア

「ロシアのドンバス攻勢は勢いを失い、予定からも大きく遅れている。当初こそ小規模な前進が見られたが、ロシアはこの1カ月、占領地域の実質的な拡大を達成できていないし、一方で高水準の(兵力の)減少が続いている」と、英国防省は分析している。

現地を知る軍事アナリストや国際ジャーナリストたちの目にはロシア軍が大きな損失を被り、後退していることは明白だ。ところがロシア政府は、目標は達成しており、ウクライナ制圧をあきらめることはないと主張し続けている。

「断固として言うが、(ロシアの)降伏はありえないと確信している。少なくともここで働いているロシアの外交官はそう信じている」と、駐米ロシア大使のアナトリー・アントノフはテレビ局の取材に対して語ったと、ロシア国営タス通信は14日伝えた。

「われわれは最高司令官(プーチン大統領のこと)が軍に対して設定した全ての目標が完全に達成されると確信している。われわれは決してあきらめないし、後戻りもしない」とアントノフは述べたという。

アメリカのシンクタンク、軍事研究所は14日に発表した報告書の中で、ロシア国内で今回の侵攻を注意深く見守っている人たちの間でも軍の失敗への懸念が高まっているようだと指摘した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米SF連銀総裁、7月基本シナリオは75bp追加利上

ワールド

G7首脳、化石燃料投資の必要性を議論=関係筋

ワールド

G7、インフラ投資の新枠組み 官民6000億ドル規

ワールド

G7開幕、バイデン氏「結束」強調 ロシア金禁輸で4

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 3

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 6

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 9

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 10

    大量のシラミがわいた9歳少女は貧血で亡くなった....…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 8

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 9

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 10

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月