最新記事

基地問題

「やらざるを得ない理由考えて」 沖縄復帰50年でハンストを行う大学院生の声

2022年5月14日(土)16時58分
大橋 希(本誌記者)

5月12日、防衛省前でハンストを行う元山 HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

<基地問題がいつまでも解決しないなか、お祝いムードだけでいいのか。元山仁士郎がハンガーストライキで訴えていること>

5月15日、沖縄の施政権がアメリカから日本に返還(本土復帰)されてから50周年を迎える。さまざまな行事やイベントが開催されたり、メディアが特集を組んだりするなか、一橋大学大学院生の元山仁士郎は「復帰50年 辺野古新基地建設の断念を求めるハンガーストライキ」を続けている。

9日に首相官邸前から始め、その後、自民党本部前、公明党本部前、国土交通省前、防衛省前、外務省前と場所を移してハンストを行ってきた。今日14日は国会議事堂正門前だ。

沖縄県出身の元山が日本政府に求めているのは以下の3点だ。①辺野古新基地建設の即時断念②普天間飛行場の数年以内の運用停止③日米地位協定に関わる全ての日米合意を公開し、民主的な議論を経て見直す。

13日には外国特派員協会(FCCJ)で記者会見をし、辺野古への基地移設断念などを日本政府に求める署名が2万4250筆集まったことを報告(署名サイト「Change.org」で実施)。5日間でこれだけの書名が集まったことには「驚いています。......沖縄の基地問題がまったくと言っていいほど解決していない、また台湾有事や偶発的な衝突が想定されている中で復帰50年をお祝いしていいのだろうか、その思いに共感してくれた方たちからこれだけの書名を頂いていると思う」と話した。

やっても「意味がない」ではなく

ツイッターなどSNSでは、元山を揶揄したり批判したりする心ない言葉もみられる。これに対して彼は「私としてはなぜ復帰50年に際して、ハンガーストライキをやらざるを得ないのか、を一番に考えてほしい」と話す。「『(ハンストをやっても)意味がない』と私に向けられる言葉ではなく、それに応えてくれる方がどれくらいいるか、の問題だと思っています」

元山は、19年に辺野古新基地建設の是非を問う県民投票の実施を求めた「『辺野古』県民投票の会」元代表。その際も、投票の全県実施を求めるハンストを行い、これがきっかけとなって県議会が動き全県実施となった(このときのことは、「Yahoo!ニュース|本屋大賞 2021年ノンフィクション本大賞」に選ばれた上間陽子著『海をあげる』にも書かれている)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ABボルボ、ロシア事業縮小決定 従業員の一部解雇開

ワールド

米大統領、対中関税巡る選択肢なお検討中=ホワイトハ

ワールド

シカゴ乱射事件で21歳男を起訴、米検察当局

ワールド

情報BOX:英主要2閣僚辞任、「首相退陣は時間の問

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 2

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 3

    トルコが丸のみさせた「NATO拡大容認」と引き換えの仰天要求

  • 4

    【動画】女王を食ったあの日のルイ王子を一気見

  • 5

    「タンパク質ダイエットには腸活が欠かせない」 順天…

  • 6

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 7

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 8

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 9

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 10

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 4

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 5

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月