最新記事

韓国

韓国、新型コロナ新規感染者世界最多 政府はさらに規制緩和

2022年3月23日(水)13時54分
佐々木和義

新型コロナ新規感染者が急増する韓国...... REUTERS/Heo Ran

<韓国で新型コロナウイルスの新規感染者が急増している。医療機関、政府の対応にも混乱が見られる......>

韓国中央防疫対策本部は、3月16日0時から17日0時までの新型コロナウイルスの新規感染者が62万1328人となり、429人が死亡したと発表した。感染者と死亡者のいずれも感染症が広がって以来、最多を記録した。

17日午後から尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領と相星孝一在韓日本大使の面会が予定されていたが、相星大使が感染したため、延期となった。

また、PCR検査の受検者が増えたことから保健所の業務が停滞し、検査希望者が医療機関に殺到。感染者が世界最多を記録するなか、政府はソーシャルディスタンスを緩和した。予防医学の専門家は政府が防疫を放棄しただけでなく、感染をあおっていると指摘する。

世界の新規感染者で韓国が最多に

世界保健機関(WHO)が3月16日に発表した週間疫学報告書によると、3月7日から13日の世界の新規感染者は1140万7714人で、韓国が210万171人で最も多かった。以下、ベトナムの167万627人、ドイツの135万362人、オランダの47万5290人、フランスの41万9632人が続いている。

3月18日には人口100万人当たりの7日平均新規感染者が7500人を記録した。3月4日にピークに達した香港の5845人や1月25日にピークとなったフランスの5436人など主要国を上回っており、1月25日に1万968人を記録したイスラエルに次ぐ規模だ。

sasaki20220323b.jpgGoogleより

韓国気象庁は予報が当たらないことで知られているが、中央防疫対策本部も感染者の急増を予測できなかった。1日の新規感染者が8000人を超えた1月25日、金富謙(キム・ブギョム)首相はピークを3万人程度と述べた。2月7日には、鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長が13万-17万人になると予測した。

1日の感染者が17万人に達した後、一時的に減少すると、韓国政府は3月1日、12月から導入していた防疫パスの運用を中断し、濃厚接触者の隔離措置を解除した。また5日には私的会合の人数を4人から6人に緩和して、ワクチン未接種者の会食への参加禁止を解除した。大統領選挙の投票日が迫るなか、営業制限で不満が溜まっていた自営業者の票を意識した政治的緩和という批判が出た。

感染者の急増は中国にも飛び火

感染者の急増は中国にも飛び火している。3月10日、経済紙・北京商報が「浙江省の各地域で数人の感染者が韓国から輸入した衣類に接触していたことが確認された」と報じたのだ。

浙江省紹興市当局は公式SNSで「杭州市のコロナ感染者が外国からの輸入衣類を通じて感染したことが分かった」「市民は必須ではない輸入品を購入してはならない」と勧告し、「特に韓国から輸入した衣類を購入した人はPCR検査を受けるように」と付け加えた。

中国では新型コロナが海外郵便物や貨物を通じて流入したという主張が提起されてきたが、韓国製品を名指したのは初めてで、主要ポータルサイト「百度(バイドウ)」でも「韓国輸入衣類」を検索すると「疫情(伝染病状況)」などのキーワードが表示されるという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

台湾総統、中米訪問で米国を経由 当局発表

ビジネス

中国、一部半導体メーカーに優遇措置 補助金受けやす

ワールド

インドネシア議会、ワルジヨ中銀総裁の再任承認

ビジネス

オーストリア中銀総裁、ECBの積極利上げ支持巡りト

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:グローバル企業に学ぶSDGs

2023年3月21日/2023年3月28日号(3/14発売)

ダイキン、P&G、AKQA、ドコノミー......。「持続可能な開発目標」の達成を経営に生かす

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの会場で、ひときわ輝いた米歌手シアラ

  • 3

    事故多発地帯に幽霊? ドラレコがとらえた白い影...アメリカ

  • 4

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 5

    復帰した「世界一のモデル」 ノーブラ、Tバック、シ…

  • 6

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 7

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 8

    米モデル「紐ビキニ」写真のまぶしすぎる肉体美...一…

  • 9

    「気の毒」「私も経験ある」 ガガ様、せっかく助けた…

  • 10

    キャサリン妃とウィリアム皇太子、聖パトリックデー…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    【悲惨動画3選】素人ロシア兵の死にざま──とうとう長い棒1本で前線へ<他>

  • 3

    「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの会場で、ひときわ輝いた米歌手シアラ

  • 4

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 5

    事故多発地帯に幽霊? ドラレコがとらえた白い影...…

  • 6

    復帰した「世界一のモデル」 ノーブラ、Tバック、シ…

  • 7

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 8

    女性支援団体Colaboの会計に不正はなし

  • 9

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 10

    少女は熊に9年間拉致され、人間性を失った...... 「人…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    推定「Zカップ」の人工乳房を着けて授業をした高校教師、大揉めの末に休職

  • 3

    バフムト前線の兵士の寿命はたった「4時間」──アメリカ人義勇兵が証言

  • 4

    訪日韓国人急増、「いくら安くても日本に行かない」…

  • 5

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 6

    【写真6枚】屋根裏に「謎の住居」を発見...その中に…

  • 7

    これだけは絶対にやってはいけない 稲盛和夫が断言…

  • 8

    1247万回再生でも利益はたった328円 YouTuberが稼げ…

  • 9

    交尾中の極太ニシキヘビが天井裏から降ってくる悪夢…

  • 10

    ざわつくスタバの駐車場、車の周りに人だかり 出て…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story