注目のキーワード

最新記事

中国

中国の闇──鎖で拘束された女性の衝撃映像、当局の説明は二転三転、人身売買で詳細調査へ 

2022年2月22日(火)18時00分
青葉やまと

鎖でつながれた女性の衝撃の動画から中国の暗部が垣間見えた...... NBC-YouTube

<粗末な小屋に鎖でつながれた女性の動画が、19億回再生される関心事に。虚偽の説明を繰り返していた自治体だが、世論の圧力を受け人身売買を認めた。省レベルで専任の調査チームが発足している>

中国の民家敷地に設けられた安普請の小屋で、鎖に繋がれたまま凍える女性が発見された。活動家が収めた動画が1月18日、中国版TikTokのドウインに投稿されている。その衝撃的な内容から瞬く間に拡散し、複数の動画プラットフォームに転載された。計19億回の再生を記録している。

自治体と現地捜査当局は当初、まるでオリンピック期間中の不祥事を覆い隠すかのように、人身売買説を否定。その後も説明は二転三転していたが、2月10日になると人身売買を認め、夫を含む3名の身柄を拘束した。江蘇省当局は動画公開から1ヶ月となるに2月18日までに、詳細な調査のためのタスクフォースを政府と共同で設置した。

一連の経緯を報じた香港紙などを通じ、中国地方部では人身売買が未だ活発に行われている現状が浮き彫りとなった。現地では90年代まで女性や児童などの購入が合法であり、現在でも違法な植物の取引よりも処分が軽い。本稿では以下、問題となった動画内容に加え、自治体によって繰り返された虚偽の発表、および人身売買の現状について伝える。

19億再生を記録したショッキングな映像

問題の動画は、貧困者の支援活動を行なっている女性活動家によって撮影された。動画冒頭では、粗末な造りの小屋をカメラが外側から捉えている。小屋はドアもない簡素な造りで、暗い室内が外から丸見えとなっており、中にはかすかな人影がうかがえる。

内部に足を踏み入れたカメラが映し出したのは、薄着で立ち尽くす女性の姿だ。首輪をかけられ、鎖で壁につながれている。服装はトレーナーとレギンスのようなもので、防寒着としては明らかに不十分だ。女性は両手両脚をすり合わせ、懸命に寒さに耐えている。

トレーナーは薄汚れており、髪も整っているとは言い難い。身を案じた撮影者が近づくが、女性は散乱した室内で支離滅裂なことばを呟くばかりだ。その後の調査により、女性は精神疾患を患っていることが判明した。

動画は中国国外でも関心を集めた。米NBCが動画の一部を取り上げると、ある視聴者は「このような悪行を言い表す言葉がみつからない。一人の女性がこんな扱いを受けていたのをみるのは衝撃的で、胸が張り裂けそうだ」と反応した。

Viral video of woman chained by neck in China sparks outrage


別の視聴者は「残酷だが......驚きはしない。人道的であったり、他者を人間らしく扱ったりといった行為は、中国共産党の優先度リストのなかでさほど上位だったためしがない」とのコメントを残している。

二転三転

動画公開を受け、地元自治体は迅速な火消しを試みた。人身売買との観測が拡散するなか、噂を封じようとした格好だ。しかし、人身売買の否定ありきの矛盾だらけの筋書きとなっており、説明が二転三転したことで信頼を失墜させた。

動画が公開されたその日のうちに地元当局は、女性が夫と合法的に結婚していると発表した。1998年に結婚し、8人の子をもうけたとの説明だ。姓は楊といい、激しい発作を起こしたため夫によって鎖でつながれたのだという。

しかし、眼光鋭い数万ものネットユーザーたち欺くことはできなかったようだ。当局の発表に対しネットでは、状況の不自然さを指摘する声が相次いだ。

2016年まで一人っ子政策が敷かれていた中国において、なぜ8人も産むことができたのだろうか? 地方では人身売買が見て見ぬふりをされることも多いが、今回の件がそうでない証拠はあるのだろうか?

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月