注目のキーワード

最新記事

英王室

ヘンリー王子に3月「帰国」説...英政府「警備拒否」で、メーガン妃は今回も見送りか

Prince Harry May Attend Prince Philip's Memorial Sans Meghan Markle

2022年2月25日(金)12時16分
キャサリン・アルメシン

フィリップ殿下の葬儀に参列したヘンリー王子 Gareth Fuller/Pool via REUTERS

<フィリップ殿下の1周忌の式典への出席を希望しているとされるヘンリー王子だが、国内における警備を巡る英政府との対立は解消されていない>

エディンバラ公爵フィリップ殿下が逝去した昨年4月9日から間もなく1年が経つ。ヘンリー王子は3月29日に予定される1周忌への出席を希望しているとされるが、そこに英警察による「警護」の問題が立ちはだかっている。

ヘンリー王子は、私費で費用を賄うことで国内における警護を求め、これを拒否する英政府と裁判で争っている真っ最中だ。祖母エリザベス女王、父チャールズ皇太子、兄ウィリアム王子などが揃って参列する予定の式典は、厳重な警備の対象となり、ヘンリー王子はここで家族と再会することを望んでいるという。式典には他の多くの王室メンバーも参列予定だ。

過去の例に倣えば、ヘンリー王子も式典においては警備の対象になるとみられる。そのため米カリフォルニア州の自宅から、ヘンリー王子が駆けつけるのに支障はなさそうだ。とはいえ、「今回の式典が、ヘンリー王子の訴えている内容について影響を与えることはない」と、ある情報筋は米ニューヨークポスト紙に語っている。

一方、ヘンリー王子の妻であるメーガン妃と、長男アーチー、長女リリベットがヘンリー王子に同行する可能性は低そうだ。サセックス公爵夫人は、2020年に王室を離脱して以降、一度もイギリスに戻っていない。

そのためエリザベス女王は、昨年6月に生まれたリリベットとは、まだ一度も対面していない。リリベットに会った唯一の英王室メンバーは、2月にカリフォルニアを訪れたヘンリー王子の従姉妹ユージェニー王女だけだという。

警察は民間資金では利用できない

ヘンリー王子は、英王室を離脱したときに英警察の警備の対象から外れることとなった。彼はイギリスで家族や友人に会いたいが、私費で警察による警備を求めなければ「安全ではなく、帰国できない」と訴えている。「何より、ここは現在もこれからも彼の家なのだ」と、ヘンリー王子の弁護人は2月18日にロンドンの高等法院で始まった裁判の場で語っている。

しかし英政府の弁護士は、警察による個人の警備は「民間資金で利用することはできない」との立場を崩していない。今回の式典でヘンリー王子が警備の対象になったとしても、裁判で政府が訴えていることには影響しないということになる。

王室メンバーやVIPの警備について、誰をどれだけ警備する必要があるかを決定するのはRAVECと呼ばれる機関だが、ヘンリー王子については「例外的なカテゴリー」に分類している。警察による警備は、彼がイギリス国内を訪問するたびに、その時々の状況を鑑みて判断するということになる。ただヘンリー王子は、24時間態勢の警備を希望している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米自動車販売、第2四半期はGMが首位奪還 在庫不足

ビジネス

米ISM製造業景気指数、6月は2年ぶり低水準 新規

ビジネス

韓国現代自の労組、ストライキの可能性 賃上げ交渉が

ワールド

ウクライナ穀物輸出、6月は前年比43%減 ロシア侵

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 2

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てるも却下される

  • 3

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 4

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 5

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 6

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    温暖化で新種のクマが誕生?──実は喜ばしくない理由…

  • 10

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 7

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 10

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月