最新記事

英王室

ヘンリー王子に3月「帰国」説...英政府「警備拒否」で、メーガン妃は今回も見送りか

Prince Harry May Attend Prince Philip's Memorial Sans Meghan Markle

2022年2月25日(金)12時16分
キャサリン・アルメシン

フィリップ殿下の葬儀に参列したヘンリー王子 Gareth Fuller/Pool via REUTERS

<フィリップ殿下の1周忌の式典への出席を希望しているとされるヘンリー王子だが、国内における警備を巡る英政府との対立は解消されていない>

エディンバラ公爵フィリップ殿下が逝去した昨年4月9日から間もなく1年が経つ。ヘンリー王子は3月29日に予定される1周忌への出席を希望しているとされるが、そこに英警察による「警護」の問題が立ちはだかっている。

ヘンリー王子は、私費で費用を賄うことで国内における警護を求め、これを拒否する英政府と裁判で争っている真っ最中だ。祖母エリザベス女王、父チャールズ皇太子、兄ウィリアム王子などが揃って参列する予定の式典は、厳重な警備の対象となり、ヘンリー王子はここで家族と再会することを望んでいるという。式典には他の多くの王室メンバーも参列予定だ。

過去の例に倣えば、ヘンリー王子も式典においては警備の対象になるとみられる。そのため米カリフォルニア州の自宅から、ヘンリー王子が駆けつけるのに支障はなさそうだ。とはいえ、「今回の式典が、ヘンリー王子の訴えている内容について影響を与えることはない」と、ある情報筋は米ニューヨークポスト紙に語っている。

一方、ヘンリー王子の妻であるメーガン妃と、長男アーチー、長女リリベットがヘンリー王子に同行する可能性は低そうだ。サセックス公爵夫人は、2020年に王室を離脱して以降、一度もイギリスに戻っていない。

そのためエリザベス女王は、昨年6月に生まれたリリベットとは、まだ一度も対面していない。リリベットに会った唯一の英王室メンバーは、2月にカリフォルニアを訪れたヘンリー王子の従姉妹ユージェニー王女だけだという。

警察は民間資金では利用できない

ヘンリー王子は、英王室を離脱したときに英警察の警備の対象から外れることとなった。彼はイギリスで家族や友人に会いたいが、私費で警察による警備を求めなければ「安全ではなく、帰国できない」と訴えている。「何より、ここは現在もこれからも彼の家なのだ」と、ヘンリー王子の弁護人は2月18日にロンドンの高等法院で始まった裁判の場で語っている。

しかし英政府の弁護士は、警察による個人の警備は「民間資金で利用することはできない」との立場を崩していない。今回の式典でヘンリー王子が警備の対象になったとしても、裁判で政府が訴えていることには影響しないということになる。

王室メンバーやVIPの警備について、誰をどれだけ警備する必要があるかを決定するのはRAVECと呼ばれる機関だが、ヘンリー王子については「例外的なカテゴリー」に分類している。警察による警備は、彼がイギリス国内を訪問するたびに、その時々の状況を鑑みて判断するということになる。ただヘンリー王子は、24時間態勢の警備を希望している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 6

    やりすぎ? 魅力的? キム・カーダシアン、「想像の…

  • 7

    「アルツハイマーになりたくなければフロスせよ」 北…

  • 8

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 9

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 10

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月